妊娠・出産

切迫早産で自宅安静中に旦那の負担が申し訳ないと感じたときの解決法

 

 

切迫早産だと診断されたけど、旦那が事態をちゃんと考えてなくて、試行錯誤して旦那の理解を得て、とても協力的なメンズへと変身を遂げた旦那。

 

ワンオペ解消♪

 

 

すると次は、旦那への負担が気がかりになりました

悩みはつきないの~?!

 

 

 

切迫早産で自宅安静だから協力は不可欠。

 

 

でも、

 

 

  • 仕事だけでも疲れるのに、どこまでなら負担にならないのだろう。
  • 切迫だから家事制限あるし仕方ないのにこの申し訳無さはなんだろう?
  • 軽くワンオペにさせている感じがして可哀想・・

 

 

とか悩んでいました(´;ω;`)

 

 

 

そんな気持ちから私が解放された理由や、旦那の負担を減らすためにしたことなど、我が家の体験談をまとめました~(*´∀`*)

 

 

       

切迫早産で自宅安静のときの旦那への負担に心が痛い。

 

 

切迫早産のことを旦那さんが理解してくれて、協力してくれるようになったので、自分も無理しないから、ストレスもお腹の張りもなくなり、妊婦生活がとても快適になりました

 

 

 

でも、次に訪れるのは、旦那への負担のへの申し訳無さへのストレス(´;ω;`)

 

 

 

 

だって、仕事やって、保育園のお迎えして、子供の世話して家事して…

 

絶対しんどいですよね。

 

 

 

 

自分がやってたことなんだから、そりゃあもう大変さが分かるわけですよ。

 

 

 

目の前の疲れている夫見て心痛くなった。

 

でも、私も切迫で安静だから無理するわけにもいかないし…

 

 

 

旦那もしんどすぎてため息ついてたりして。

 

 

 

旦那さんからしたら…

 

なんでこんなにがんばらないといけないんだ、ちょっとはやれよ

 

とか思われてないかな…と被害妄想に陥りました。

 

 

 

私の旦那さんは全然そういうこと思う人じゃないって分かってるんだけど、自分のふがいなさや罪悪感からそんな風に思ってしまったのです

 

 

 

 

切迫早産での旦那への申し訳無いと思う必要はない!

 

 

そんな気持ちから救ってくれたのは、お腹の中の赤ちゃん。

 

 

よくよく考えたら、

その気持ちって赤ちゃんに失礼だよね?って思ったんです。

 

 

 

せっかく、お腹の中に来てくれて、

 

自分の危険を私に知らせてくれてるから、

 

今、私はこうやって休んでるわけで。

 

 

 

知らせてくれなかったら、後で後悔することになっていたかもしれない。

 

と思ったら。

 

 

 

 

ブルーな、ダークな気持ちで妊娠期間を過ごすのってもったいないし、赤ちゃんにもとても失礼だ!

 

旦那さんも今はつらいけど、今だけだからがんばってもらう!

 

私も、楽しく、赤ちゃんの声をしっかり聞いて、赤ちゃんは不安にならないようにがんばる!

 

 

 

と、心に決めました。

 

 

そんな遠慮しる気持ちをもつくらいだったら、旦那さんが楽になる方法を考えていけばいいんだ!と決意。

 

 

 

切迫早産で旦那さんへの負担の軽減した方法

 

 

身体で無理をするのは無理だけど、頭を使ったり考え方を変えることは可能。

 

 

 

なので、頭を使ってできるだけ夫に負担がかからない方法を考えたり、今までの凝り固まった考え方を変える努力をしました。

 

 

とにかく、赤ちゃんにとって良いことはなんだろう?を考えることにしました

 

 

旦那の負担を軽減するためにしたこと

 

少しでも夫負担を軽減したい!ということで。

 

 

私も「人・ものに頼る柔軟性」を身につけることにしました。

    スポンサードリンク
   

 

 

旦那さんしかできないこともあるけど、旦那さん以外でもできることもたくさんある

 

 

 

 

 

例えば、

 

ルンバ・食洗機・洗濯乾燥機の三代名機を導入したり、

 

 

買い物は宅配、料理も簡単につくれるものを考えたり、

 

 

 

ときには、

 

 

まわりの人に甘えたり、

 

ときにはお金で解決したり、

 

などなど。

 

 

 

 

工夫すれば、なんとかなったことがたくさんあることを知りました

 

 

 

そのときの体験談はこちらにまとめています。

 

 

ハイリスク妊婦の自宅安静中の家事。帝王切開で切迫早産の私の体験談

切迫早産で自宅安静中の料理 食事の準備の方法やレシピを紹介

 

 

切迫早産のときの旦那に頼ったことで得たこと

 

 

旦那さんに頼って得たことがあります。

 

 

私は、三人目を妊娠するまで、ワンオペ育児・家事だったんです。

 

 

 

 

そういうものだと思っていたので、

 

自分も旦那も問題に気づいていなかったんだけど。

 

 

 

なんていうか、表面で見える、家事育児は手伝ってくれてたのでそういうものなんだ。と思っていたんです。

 

 

 

 

でも、見えない家事育児はたくさんあります。

 

 

 

 

TVの裏方さんみたいな役割。

 

 

例をいうと、子供と遊んだら、片付けという作業が必要だし、

 

掃除でも、掃除機だけではなく、家具の裏の掃除とかも必要だったり。

 

 

 

切迫早産でワンオペ育児から解放された!

 

 

切迫早産を経験して、

 

旦那さんが家事や子育てをメインでするようになって、

 

私が今までどれくらいの家事や育児をしていたか、はっきり見えたようで、大変さを理解してくれるようになりました。

 

 

 

 

だから、今では、めっちゃ家事とか子育てでも「目に見えない、こなしてる当事者だけが分かること」までしっかりしてくれるんです。

 

 

ありがたい(´;ω;`)

 

切迫早産で旦那に申し訳ないと思うより感謝を!

 

 

申し訳ない気持ちより、その後の感謝の気持ちを持つほうが絶対いい!

 

そのほうがプラスになることが多いと私は感じました。

 

 

 

切迫の間、夫ががんばってくれたことで、旦那さんへの信頼もとても上がったし、いい意味で「夫婦」になれた気がします。

 

 

ちょっとむかつくことがあっても「あのとき弱音吐かずがんばってくれたしな~、こんな人いないよな~」と立ち止まることができてます

 

 

こうやって夫婦って成長していくわけですね、

 

 

世の旦那さん、奥さんがしんどいときほどポイントの稼ぎ時ですよ!笑

 

 

ほんと、夫婦揃ってしんどいと思うのですが、今がんばれば、未来はとてつもなく明るい。

 

 

 

天使を見たら、今までの疲れや・暗い気持ちは吹っ飛びます。

 

 

切迫でつらい方に届けばいいなあ、と思います(*´∀`*)

 

 

ちなみに、夫の家事スキルはこのとき格段とアップしたので、今はかなりの家事量をこなしてくれてます。

 

誰でもやればできる\(^o^)/

 

ありがたい♪

 

 

他にも切迫早産の記事の体験談をまとめてますので良かったら覗いてくれると嬉しいです(●^o^●)

 

切迫早産で入院を回避して自宅安静で乗り切った私の体験談

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント