妊娠・出産

切迫早産時の上の子のケア。ストレスや情緒不安定を和らげるには?

 

 

切迫早産で自宅安静のとき、上の子のケアにはとても悩んだし、胸が痛みました(´;ω;`)

 

 

 

抱っこしてあげたいけど、してあげられないし、ストレスで情緒の不安定なのを見るのにはとても心が痛み悩みました。

 

 

 

 

切迫早産で安静にしないといけないとき、我が子の様子や悩んだこと、どうケアしたかや、1年経った今の話をブログに書き残しておこうと思います。

 

 

 

       

切迫早産のときの上の子のケアはどうする?

 

上の子たちのお世話や預け先は、まわりの人に手助けしてもらっていましたが、上の子のケアについては難しいものがありました。

 

 

 

まわりの人がどれだけ愛情を注いでくれても、

 

やっぱり、ママはママ。

 

 

 

パパや、ばあばじいじ、保育園の先生たちでは代わりになれないでのす。

 

 

 

切迫早産で動けない。上の子がかわいそう?

 

 

妊娠中というだけでも、子供は不安定になるのに、さらに動けないなんて(´;ω;`)

 

 

 

一緒に公園にもいけないし、外遊びもできないし…。

 

 

上の子が可哀想なの?と感じてしまうこともありました。

 

 

 

切迫で安静で上の子達に申し訳ない気持ちはこう考えてみた

 

 

でも、悲しんでしまったら、妊娠していること、赤ちゃんがいることを否定しているように思ったのです。

 

 

妊娠が発覚したときの嬉しさ、
子供たちや旦那さんの喜び。

 

 

とか思いだしたら、つらい気持ちになってはいけないと思ったのです。

 

 

 

なので、できるだけポジティブな考えで妊娠期間を楽しむようにしました。

 

 

だって、新しい命が産まれてくるって、兄弟が増えるってすごく嬉しいことです。

 

 

 

 

切迫早産時の上の子とはこう過ごした

 

なので、

 

 

できるだけ、寂しい気持ちに折り合いがつけられたらいいなと思って、

 

 

 

動けない分、

 

 

絵本やDVDを一緒に見てお話したり

 

お絵かきするのを見たりして、

 

 

休み休みですが、今できる精一杯のことをして過ごしました。

 

 

 

ママは切迫で安静でも赤ちゃんが生まれてくるのは楽しみ!

 

 

 

上の子たちも赤ちゃんが産まれてくることは楽しみにしていたので、

 

 

「赤ちゃん、出てくるの楽しみだね、でも今はまだお腹にいないといけない時期だから、お腹にいて~って声かけようね!」

 

 

 

とか声掛けをしたり。

 

 

切迫で安静で上の子がかわいそう。ママも子も一緒に成長するんだ!と考えた

 

 

どうケアしていいか難しいと思いましたが、子も人間!

 

 

 

 

こくやってたくましくなってくんだ!

私もたくましくなろう!

 

 

一緒に成長しようという気持ちでがんばりました。

 

 

切迫早産のとき上の子のストレスはどうする?

 

ママは寝たきりで、

 

一緒に、思うように遊んだり、生活したりできなくて、上の子供たちの寂しい気持ちがでるのはどうしても仕方ない。

 

 

なので、できるだけ、子どもたちの情緒が安定できるようにできることはないかを考えました。

 

 

 

自宅安静中でもできる最大限のスキンシップで愛情たくさん

 

 

 

一番は抱きしめてあげることだと思った

 

子供は親に抱きしめられると落ち着くことが多いので、できるだけ抱っこしてあげようと思いました。

 

 

 

 

切迫早産だから、立っての抱っこは難しいです。

 

でも、座ってとか、寝ながらだったらいっぱい抱きしめてあげられる!

 

 

 

 

上の子が抱っこしてほしいと言ってきたら、座ってか、寝てぎゅっとしてました。

 

 

 

 

「ママね、お腹いたいだから、寝てギューいっぱいしようね

 

赤ちゃん産まれたら、立って抱っこできるから、いっぱいするからね」

 

 

と言って乗り切りました。

 

 

 

 

寝るトキに、授乳クッションや抱きまくらを挟んで抱っこすると、密着しやすくなって子供も安心していました。

 

 

 

自宅安静中でも抱っこ以外でできるスキンシップ

 

あとは、抱っこ以外のスキンシップも子供は安心するようでした。

 

 

 

 

例えば、

 

鼻をスリスリしたり、

 

ほっぺをくっつけたり、

    スポンサードリンク
   

 

手をつないだり。

 

 

 

 

抱っこしてあげられないことがつらかったですが、「今だけだから」と自分にも、子供にも言い聞かせていました。

 

 

 

上の子たちの寂しい気持ちは赤ちゃんが産まれるまで!

 

 

子供が、「赤ちゃんまだ出てこない?」と抱っこしてほしそうにしていたときは、とても胸が苦しかったけど、身体はどうしようもなので、わかってもらうしかないのです。

 

 

一緒に強くなろうね!という気持ちで乗り越えました。

 

あと、代わりにパパやばあばにはたくさん抱っこしてもらいました!

 

 

 

 

また、保育園の先生も、情緒不安定さを理解してくれてたうさんスキンシップをしてくれました。

 

 

やはり、まわりの支えなしに子育てってできないな、と思います(*^^*)

 

 

 

切迫早産で自宅安静中の上の子の情緒不安定さはこんな感じだった。

 

私が自宅安静中、子供もストレスが溜まっていたようで、情緒不安定になっていました。

 

 

 

甘えさせてあげられるトキにたくさん、甘えさせてあげましたが、

 

 

上の子ふたりとも、

 

手を口元に持っていく仕草がよく見られたり、

泣くことが増えたり、

ママーと甘えたり。

 

 

ママが切迫早産中に見せた上の子たちのイライラ

 

 

他のお友達への暴力的な発言や態度

 

 

長男に関しては、

 

 

保育園で暴力的な光景が見られたりもしたようです。

 

 

 

 

やんちゃだけど正義感の強い子なので今までそんなことはあまりなかったのです。

 

 

相当ストレスが溜まっていたんだろうな、と思います。

 

 

 

理由として、祖母宅へのお泊りの頻度が多かったこと。

 

 

 

私が具合悪く寂しかったのか率先して行っていたのですが、子供なりに気遣っていたんだと思います。

 

 

パパに異常に甘える長女

 

長女は、パパへの甘えがすごかったです。

 

 

もともとパパっ子ではあるのですが、妊娠中はさらに甘えるようになりました。

 

 

三人目が産まれたら、切迫早産のときの上の子たちの不安定さは和らいだ!

 

 

第三子が産まれて、私が動けるようになったら、ふたりともみるみる元気になりましたし、情緒も安定しました。

 

 

 

もし、あの頃の自分に戻れるんだったら、

 

 

 

ほんと、今だけだし、

みんな通る道だと思うのです。

 

ずっと不安的な状態が続くことはない。

 

 

だからあまり心配しないで!と言ってあげたい!

 

 

切迫早産で自宅安静だから上の子たちが可哀想とかない!

 

中には、

 

可哀想とか、もっと見てあげて、とか本人は子供たちを思って言ってくれても、心無い言葉に感じてしまったりすることもありました。

 

 

 

自分を責めてしまいそうになったけど、やめました。

 

 

 

相手も、子供を思ってのことなので、攻撃するために言ってるわけじゃないので気にする必要ないのです。

 

 

 

分かってくれる人もいるので、自分を責めて悲しんでる暇があったら、どんどん頼れるものを使って、頼らせてくれる人に甘えて、楽しい妊娠生活を送りたい!と思いました。

 

 

 

自分を責めて状況が変わるわけじゃないし、

 

 

 

上の子たちがかわいそうなんて思わない。

 

 

 

 

だって精一杯の愛情を注いでるもの。

 

 

可哀想と思うほうが可哀想だって思うようにしました。

 

 

 

切迫早産で自宅安静になり上の子たちのケアに悩んだあのときから1年。

 

切迫早産って、

長くても4ヶ月。

 

 

今はその時間がかなり長く感じるのですが、過ぎてみるとあっというまでした。

 

 

情緒の不安定さが目立ち、かなり心配だった上の子たちでしたが、赤ちゃんが産まれたら、みるみる安定していった子供たち。

 

 

 

嬉しい思いだけじゃなく、つらい思いもして、子供は成長するんだな、と今感じていて

 

 

 

そこに愛がないわけじゃないので、子供はきっとわかってくれているはずだし、うちの子はきっと乗り越えられるから、私も乗り越えようと思ったあの頃。

 

 

で、毎日を一生懸命すごしていて安定している今の様子を見てると、私の選択は間違ってなかったのかな、と思ったりします。

 

 

 

 

悲しい気持ちになることもあったけど、せっかく新しい命がお腹に宿っているんだから、

大変なこともあるけど、みんなで明るく過ごせることが一番。

 

 

あのとき、そう考えることができて良かったと感じてます(*´∀`*)

 

 

他にも切迫早産についての体験談をまとめているので良かったら参考にしてください(●^o^●)

 

切迫早産で入院を回避して自宅安静で乗り切った私の体験談

 

 

コメントは2件です

  1. まりもり より:

    初めまして。今二人目を妊娠中(7ヶ月)、切迫早産で自宅安静で過ごしてる者です。切迫早産・自宅安静で検索して、ここにたどり着きました。
    頭の中では「お腹の赤ちゃんのため!」とわかっていても、上の子に十分に甘えさせてあげられず、我慢させたりしていて、本当にわたし自身も辛く悲しかったのですが…。この記事を読んで、気持ちが少し楽になりました。
    上の子は可哀想なんかじゃないですよね…(ToT)
    お腹の赤ちゃんのためにも、わくこさんのところのように、うちも家族みんなで乗りきっていけたらと思います!
    本当にありがとうございましたm(__)m

    • わくこ より:

      まりもりさん、コメントありがとうございます。
      私の記事が少しでも役立ったのであれば、すごく嬉しいです!

      切迫早産、おつらいですよね・・・
      まりもりさんの気持ち、私も体験したのですごーくわかります!

      今のまりもりさんの状況を考えたら、私も胸が痛くなりました。

      子供を大事に思っているからこそ、
      悲しい気持ちになってしまうこともありますよね(´;ω;`)

      でも、自分を責めないでくださいね。

      上の子は可哀想じゃないですよ!
      きっとまりもりさんのお子さんにも気持ち伝わっていると思うし、これからも伝わるとおもいます(*^^*)

      お子さんを大事に思われている気持ちが私にも伝わったし、
      近くにいる家族に伝わらないわけきっとないと思います(*^^*)

      私も切迫早産の間で家族で協力して結束も深まったので、
      家力を合わせる、いい機会だったと振り返って感じます。

      あと3ヶ月後には過去になります

      あと3ヶ月、家族で力を合わせてがんばってくださいね♪

      コメントいただきとても嬉しかったです(*^^*)
      ありがとうございました。

      私もまりもりが今後の妊娠期間、笑って過ごせるように祈り込めます!笑

      家族で力を合わせて、出産もがんばってくださいね♪

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント