生活

衣替えで冬物の洗濯は自宅でもできる?セーターとダウンのやり方を紹介☆

106570

夏物に比べて冬物は、自宅では洗濯できなさそうなものも多く、クリーニング店に出してしまおうか悩んでしまいがちですよね。

今回は衣替え時、冬物の洗濯を自宅でできるかの判断方法と、セーターとダウンの家での洗濯方法を合わせて紹介します☆

       

衣替え時の冬物の洗濯は家でもできるものは?

冬物の洗濯は自宅でできるものも沢山あります☆

まずチェックするのが、洗濯表示です。

洗濯機OKとなっているものだったらそのまま洗濯しても問題ありません。

ウールなどの縮みやすい衣類はドライ対応になっているものが多いのですが、そういったものは、ドライコースや、桶でドライ用の洗剤でのつけ置きはOKです。

ただ、少ししかウール【毛】が含んまれていない場合でも、ドライ対応の表示がされているものも多く、私は、ウールでも毛が50%以下なら洗濯機に入れてしまっています(^^♪

今まで縮みが気になったことはないですが、気になる方は洗濯表示通りにしたほうがいいと思います。

絹は、洗剤でぬるま湯につけて押し洗いすることができます。

ただ、絹や、アンゴラ、カシミア、アルパカなどの毛皮製品などは、自宅だと痛めやすいので、高価なものだったり、大事なものはクリーニング店にお願いするのが無難です。

レーヨンのものも、中には大丈夫なものもありますが、縮みやすいので注意してくださいね☆

プリーツスカートなども、洗濯機にいれてしまうとプリーツが崩れてしまいます。

壊れたプリーツを復活させるのは大変なので、プロの方に初めからお願いするのが無難です。

自宅で洗うときのポイントとしては「洗剤をいれすぎない」ようにしましょう。

最小限の洗剤で泡を沢山たてるには、洗面器などに洗剤を数的たらして、上から水を灌ぐといいですよ(^^♪

冬物のセーターを自宅で洗濯する方法

ニットやセーターは毛玉がつきやすかったり、縮みやすいですよね。

これは、衣類の繊維がこすれあうことが原因なんです。

なので、洗濯機の中でできるだけ動かないように洗うのがコツです。

[su_note note_color="#fff3fc"]

①ネットに入れてから洗濯機に入れる

    スポンサードリンク
   

ネットはたたんだ状態より一回り小さいサイズのものにすることで、洗濯ネットで毛玉防止になります☆

➁平干しする

セーターはハンガーにつるすとどうしても水の重みで伸びてしまうんです。
形がくずれないように、きれいに整えて平干ししましょう☆

③乾いた後はスチームをあてる

[/su_note]

冬物のダウンを自宅で洗濯する方法

ダウンの洗濯で注意しないといけないことは、周りの空気がたりないことでぺちゃん

こになることです。

[su_note note_color="#fff3fc"]

① 汚れを部分洗い

汚れが目立つ部分を中性スポンジで洗う

➁ 胴体の部分を手洗い

③ シャワーですすぐ

④ 洗濯機で1分脱水

⑤ ダウンをほぐす

一気に脱水すると。ダウンが同じ場所で折れたり、偏ってしまうので、それを防ぐために途中で一度ほぐします。

④、⑤を3回繰り返します

⑥ 形を整えて干す

[/su_note]

形を崩さないように、マフラーなどはきちんとたたんで、押し洗いします。
すすぎは十分にしてください。
あとは軽く脱水しますが、できればバスタオルに包んで脱水すると製品への負担が軽

くなります。

まとめ

・綿やウールは自宅で洗濯OK

・絹や、アンゴラ、カシミア、アルパカなどの毛皮製品はクリーニング

・セーターの家での洗濯は毛玉、縮みに注意

・ダウンの洗濯は形をくずさないように注意

セーターもダウンもやってみたら案外簡単ですので、ぜひやってみてくださいね☆

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント