年中行事・イベント

七五三は3歳 5歳男の子はいつする?数え年か満年齢 衣装について

 

女の子の場合は七五三と言えば、3歳、7歳が一般的という認識がほとんどですが、男の子の場合、3歳、5歳で両方、5歳だけと意見がわかれることが多いですね。

 

では一体いつするのが正解なのでしょうか?

 

 

今回は・男の子の場合の七五三はいつするか

 

 

合わせて、数え年と満年齢でするのか、袴を着ないといけないのかということについてまとめました☆

 

       

七五三は男の子の場合いつするの?

まず、七五三の行事の意味合いとして、

 

 

3歳の男女     髪置き
→髪を伸ばし始める

5歳の男の子    袴着(袴着)
→初めて袴をつける

7歳の女子     帯解き
→帯を使い始める

となっています。

 

 

意味合いとしましては、3歳のお祝いの髪置きは、丸坊主に沿っていた髪の前髪を伸ばし始める儀式です。

 

 

昔は成長に合わせて髪型を変えていました。

 

 

七五三の行事ごとに、頭頂部や耳の上をそらず残すようになり、7歳ごろやっと男女の区別がつきました。

 

 

 

3歳の儀式が済んだら、5歳、7歳で男女の区別をして、人生の新たなスタートを切るといったところです。

 

 

 

ですので、男の子は3歳と5歳、というのが、本来の行事としては正解ということですね☆

 

 

 

ですが、本来の行事としては男の子は3歳と5歳に七五三となっておりますが、

 

 

時代も変化していき、地域の風習も加わり、

 

 

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳といったご家庭も多くなり、

 

 

兄弟で済ませたり、と、年齢や男女のこだわりも少なくなってきていて、

 

    スポンサードリンク
   

 

臨機応変というか、個々でそれぞれになってきています。

 

 

 

それに対して、「しきたりとしておかしい」ということもなく、

 

 

神社やお寺さんでも受け入れてくれます。

 

 

ですので基本をしっておいた上で、

・あなたの家族が住んでいる地域

・現在の状況

を考慮して、行うのが一番いいのかなあと思います(^^♪

となみに我が家は、3歳のときも七五三をしましたよ!

七五三数え年の満年齢どっちでする?

昔は、生まれた年を一歳として計算する、

数え年で行われていましたが、

現在では0歳から数える満年齢で行われることが一般的になっています。

我が家も満年齢で行いました。

理由としましては、数え年で2歳。の男の子を

かしこまった行事に参加させるのはつらいかなあ、と思ったからです(*_*;

子どもが無事に成長したことをお祝いする行事の一つなので、

お祝いする気持ちが大切なのであって、

なにより本人が楽しめることが大事かなあ、

と考え、ある程度座ってお話しが聞ける、満年齢で行いました☆

数え年じゃないとダメ、満年齢じゃないとダメ、

といったこともありませんので安心してください(^^♪


七五三の男の子の衣装は袴じゃないとダメ?

まず、

[su_note note_color="#fdfaa7"]
3歳の七五三の意味合いは、【髪置き→髪を伸ばし始める】

5歳の七五三の意味合いは、【袴着(袴着)→初めて袴をつける】

[/su_note]

です。

なので、3歳のお子さんの服装は特に決まっていないんですよね(^^♪

5歳での七五三で初めて袴を身につけます。

ですが、昔は日常的に着物を着ていましたが、

現在は和装を着る機会は少なく、

この年代の、特に男の子は動きも活発なので、

長時間着せるのは結構しんどいのかなあ、と思います。

なので、和装でも、洋装でも特にこだわらない、というのが現代の考え方です。

まとめ

・七五三の男の子の場合

・数え年か満年齢

・袴じゃないとだめなのか

ということについてまとめました☆

「七五三」って堅苦しいイメージですが、

現代では、ほとんどそういったこともなく、

ただ、「子どもの成長を喜ぶ行事」なんですよね(^^♪

なので、子どもと楽しい一日を過ごすことが大事かなあ、と個人的には思います☆

最後まで読んで頂きありがとうございました☆

ステキな一日を過ごしてくださいね!

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント