未分類

夏のお弁当が腐らない方法 前日の準備やおすすめおかずも♪

 

夏のお弁当作り。作る側は悩んでしまいますよね。

 

 

 

うちの旦那さんは外仕事なので、日陰で置いていても帰宅後のお弁当箱は「ぷ~ん」と嫌な臭いなんてこともありました。

 

 

 

そんな日々から学びました!

 

 

今回は、夏のお弁当。

 

 

 

腐らせない方法や、前日の準備についてや、おすすめのおかずを紹介します

 

       

夏のお弁当が腐らないようにする(傷みにくくする)対処法!

 

 

夏のお弁当。

 

 

ちょっとした工夫で、傷みにくくできるんです。

 

 

 

夏のお弁当づくりの工夫

 

 

 

しっかり火を通したものを入れる

 

 

 

これは、お弁当のおかずの大原則です。

 

 

 

 

生野菜や練り製品など、結構そのまま入れちゃったりしますよね。

 

 

 

我が家も、以前ちくわなどを生で入れていましたが、お昼にはニオイが発生していたそうです。

 

 

 

どんな食材でも必ず火を通して入れましょう

 

 

 

余計な汁気をしっかりカットする

 

 

 

水分が多いおかずは腐りやすいです。

 

 

 

煮汁が出やすいもの、例えば煮物などは少し味を濃い目につけて、弁当に入れる際はしっかり汁気をカットすることが大事なポイントです。

 

 

 

 

冷ましてから入れる

 

 

 

温かいおかずをそのまま入れちゃったりしていませんか?

 

 

 

 

温かいままで蓋をしてしまうと、熱気が水滴になってばい菌が増える原因になります。

 

 

 

 

別の容器でしっかり冷ましてから入れましょう。

 

 

 

冷ます際に、下に保冷材を当てておくと早く冷めます。

 

 

 

お弁当箱の水気もしっかり取る

 

 

 

お弁当を詰める前に、乾ききることができなかったお弁当箱に残った水気もチェックしましょう。

 

 

 

もしも水滴が残っていたら、しっかりキッチンペーパーなどでふき取りましょう。

 

 

 

 

特にゴムパッキン部分の溝は水滴が残りやすいので要確認です

 

 

 

小分けして入れる

 

 

 

小分け容器で分けておかずをいれるようにすると、傷んでもその容器内で済むので他のおかずに影響が及びません

 

 

 

保冷材を活用する

 

 

お弁当箱の上や横に保冷材を当ててくるみます。

 

 

 

クーラーバックなどを使ってもいいですね。

 

 

 

ごはんには酢を混ぜる

 

 

酢には殺菌効果があるので、腐敗を防いでくれます。

 

 

 

夏は食欲も減るので、酢飯だと食べやすいですよ。

 

 

 

梅干しもおすすめです

 

 

 

夏のお弁当箱をしっかり洗浄することも大事

 

 

 

お弁当箱はしっかり洗わないといけません。

 

 

 

汚れが残っていると、腐敗の原因になるので面倒かもしれませんがしっかり洗いましょう。

 

 

 

お弁当は分解して、しっかり洗浄する。

 

 

 

蓋のゴムパッキン、きちんと洗っていますか?

 

 

 

一番汚れが残りやすいところなので、分解してきっちり洗うようにすると清潔です。

 

 

 

 

特に蓋のゴムパッキン部分は汚れが残りやすいところ。

 

 

 

毎日しっかりパーツを分解して洗うようにすると清潔です。

 

 

 

 

熱湯消毒をする

 

 

洗ったあとは熱いお湯をかけてばい菌をしっかり除去しましょう。
(お弁当箱の耐熱温度はしっかり確認しておきましょう)

 

 

 

週末やお弁当をつくらなくていい日には漂白除菌を残った臭いもしっかりとることができます

    スポンサードリンク
   

 

 

 

夏のお弁当を前日に作るのはOK?

 

 

 

「前日に作る(下ごしらえをする)」

これは問題ありません。

 

 

 

ですが、「前日に作ってそのままお弁当箱に詰める」

これは結論から言うとやめておいた方がいいです。

 

 

 

 

一般的なデータとして、

 

 

当日の朝きちんと加熱したものに関しては雑菌がほぼゼロで、

 

 

そこから付着した菌が身体に影響を及ぼすのは、

少なくても7~8時間かかります。

 

 

 

菌と言っても1つ1つには影響力はなく、

それが食べ物について、毒素を発生させます。

 

 

 

それまでには随分時間がかかります。

 

 

 

つまり、重要なのは「時間」です。

 

 

 

前日に作ってしまうと、
食べるころには8時間は超えてしまいますよね。

 

 

 

なので、前日に作ったものをそのまま入れるのはNGです。

 

 

 

ちなみに私の友達は、
「前日に作ってそのままお弁当箱に詰める」方法をしていたのですが、

 

 

 

旦那さん、軽い食あたりになりました(*_*;

 

 

 

レンジで構わないので一度は火を通しましょう。

 

 

 

しっかり冷ますのも忘れないでくださいね(^^♪

 

 

 

 

夏のお弁当のおすすめおかず~我が家で好評だったもの~

 

 

夏のお弁当のおすすめおかず

 

 

梅干し

 

殺菌効果があります。

 

 

 

疲労を抑えてくれるクエン酸も取れるので夏場は食べやすいですね。

 

 

 

カリカリ梅をご飯に混ぜると食べやすいですよ

 

 

 

 

一口ゼリー

 

 

冷凍庫で固めておいて入れると保冷材変わりになります

 

 

 

ゆでうどん

 

 

そうめんなどと違ってべチャッとならないし、油が入っているのでくっつきにくいです。

 

 

めんつゆは容器に入れて凍らせて保冷材替わりにできます。

 

 

 

冷やし中華

 

 

たれはうどんと同様凍らせておきます。

 

 

具材も分けておきましょう。

 

 

 

我が家では、ゆでた豚肉やささみ、きゃべつ、もやしを入れています。ツナもおすすめですよ(^^♪

 

 

 

塩鮭や明太子のおにぎり

 

 

 

食欲がないときはお茶をかけてお茶づけにもできます。

 

 

しっかり火を通してからいれてあげてくださいね

 

 

 

逆に夏のお弁当に入れては駄目なもの

 

 

 

生野菜

トマトはきゅうりなどの生野菜は水分が多く、腐敗しやすいです。

 

 

 

我が家の場合ブロッコリーが一番痛みやすかった気がします。

 

 

 

サラダなどを入れたい場合はタッパーなどで別に入れた方がいいです。

 

 

ドレッシングはもちろん後でかけるのがいいですよ(^^♪

 

 

水分の多いおかず

 

 

一章でも触れましたが、腐敗しやすいです。

 

液だれやニオイの原因にもなるので、水気はしっかり切りましょう!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

 

これで夏のお弁当はばっちりですね!

 

 

 

ポイントを押さえておけば、お弁当の嫌な臭いともバイバイできます!

 

 

 

お弁当の注意点は、本当は夏場に限らず、一年中気を付けたいところですね。

 

 

 

なかなか難しいんですがね。汗

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました(^^♪

 

 

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント