料理の疑問

カレーを夏場に常温保存はNG?ひと晩冷蔵庫に入れ忘れたけど食べられる?

 

 

つい先日、カレーを冷蔵庫に入れ忘れてひと晩放置してしまいました。

 

 

 

「カレーはひと晩寝かすと美味しくなる」と言う言葉は誰もが聞いたことがあると言っていいのではないでしょうか。

 

冬場であれば、常温でひと晩保存するご家庭も多いと思います。

 

 

 

ですが、食材が腐りやすい夏場は、常温放置ってどうなの?腐らないの?と不安になってしまいますよね。

 

 

 

今回は、

 

 

  • カレーを夏に常温保存しても大丈夫なの?
  • 常温で放置は何時間までOKなの?
  • カレーを冷蔵庫に入れ忘れたけど食べられるの?
  • 我が家がカレーをひと晩放置したときどうなったか

 

 

 

ということについて書いていきたいと思います。

 

 

       

カレーを夏場に常温でひと晩おいても大丈夫?

 

 

結論から言うと、夏場にカレーを常温保存するのは危険です。

 

 

 

 

 

先日、我が家でもカレーを冷蔵庫に入れ忘れひと晩放置してしまっていたんですね。

 

 

そのときは完全に酸っぱい匂いだったし、白い膜がはっていました。

 

 

 

 

カレーの夏場の保存方法としては、粗熱が取れてから冷蔵庫や冷凍庫での保存がベストです。

 

 

 

夏場のカレーの保存方法については、

 

夏のカレーの保存方法 冷蔵庫に鍋ごとや熱いまま入るのはあり?

にまとめています。

 

 

 

 

なぜカレーの常温での放置がNGかと言うと、カレーを常温で放置することで、「細菌」が繁殖してしまうからなんです。

 

 

 

 

怖いのが「ウェルシュ菌」という細菌。

 

 

カレーなどの煮込み料理に繁殖しやすく、食中毒を引き起こすとされています。

 

 

 

 

カレーに繁殖しやすいウェルシュ菌とは?

 

 

 

ウェルシュ菌とは、簡単に言うとボツリヌス菌と同じように「酸素」を嫌う菌です。

 

 

 

家畜などの糞便や魚などから検出されて、食品の中では特に牛肉・豚肉・鶏肉などの食肉に繁殖しやすいとされています。

 

 

 

細菌なんて、どこにもあるし、火を通してしまえば大丈夫じゃないの?と思いますよね。

 

 

 

ただ、この細菌の怖いところが、

 

「ウェルシュ菌は一度発生すると、熱を加えても消滅しない」というところなんです。

 

 

 

 

100度で煮込んでも死滅しないので、繁殖を防ぐ以外の防止策はないそうです。

 

 

 

なぜカレーに繁殖しやすいかと言うと、カレーは鍋の中に酸素がない状態となります。

 

ウェルシュ菌は酸素を嫌うので、酸素のないカレーはウェルシュ菌いとって居心地のいい場所となってしまうんです。

 

 

 

カレーの常温保存でウェルシュ菌が繁殖しやすくなる理由

 

 

国立感染症研究所では、このように書かれていました。

 

原因食品は大量に加熱調理された後、そのまま数時間から一夜室温に放置されていることが多い。加熱調理された食品中では、共存細菌の 多くが死滅するが、熱抵抗性が強い下痢原性ウエルシュ菌芽胞は生存する。そして、再加熱により芽胞の発芽が促進され、同時に食品内に含まれる酸素が追い出 されて、ウエルシュ菌の発育に好条件が与えられる。また、ウエルシュ菌の至適発育温度は43〜47℃と他の細菌よりも高く、増殖速度も速いため(分裂時間 は45℃で約10分間と短い)、加熱調理食品が徐々に冷却していく間にウエルシュ菌は急速に増殖する。国立感染症研究所

 

 

 

簡単に言うと、

 

常温保存することにより、ウェルシュ菌が好む温度で長時間置いておくことになることが原因です。

 

 

 

    スポンサードリンク
   

ウェルシュ菌は、一度増殖してしまうと、熱に強いため死滅しない。

 

 

 

カレーは下記の条件に当てはまるので、ウェルシュ菌が増殖しやすいんです。

 

 

 

なので夏場のカレーの常温保存は危険というわけですね(*´∀`*)

 

 

夏場のカレーの常温保存の日持ちは?

 

できれば早く、冷蔵庫や冷凍庫に移動させるのがベストです。

 

 

 

 

日持ちでいうと、夏は半日程度が目安となります。

 

 

なぜかというと、ウィルシュ菌は、約八時間で食中毒を引き起こすまで増殖されると言われているんですね。

 

 

なので、半日以上の常温保存は危険です。

 

 

 

 

カレーを冷蔵庫に入れ忘れた!ひと晩放置したけど食べられる?

 

 

冬場の場合は、腐ることも細菌の繁殖も夏場よりは抑えられるので、冷蔵保存に越したことはないですが、問題ない場合が多いでしょう。

 

(ですが我が家では、冬場のカレーは常温でひと晩置いています^^;)

 

 

 

夏場の場合は、やめるに越したことはないと思います。

 

 

 

 

でももったいないですよね・・・

 

 

私は貧乏性だから諦めきれないな・・・

 

 

 

 

 

判断基準としては、

 

 

  • すっぱい匂い
  • 異臭
  • 表面に白い膜
  • カビ
  • 変色

 

 

上記の症状がある場合は、もう傷んでいるので絶対食べないほうがいいと思います。

 

 

 

そうでなければ・・・個人的に言うなら私なら食べます。

 

 

ですが、食中毒の危険性などを考えると、もったいないけど破棄するのがベストなんだと思います(´;ω;`)

 

 

 

 

またカレーを食べた後には注意が大事です。

 

 

  • 便の回数がいつもより多く、便がゆるい
  • 嘔吐

 

 

などの初期症状が出た場合。

 

 

 

まずはしっかり水分補給して安静にしておくほうがいいかと・・・

 

 

 

また、症状が強く出た場合は医療機関を受診することをオススメします。

 

 

 

カレーを夏場に常温保存はNG?ひと晩冷蔵庫に入れ忘れたけど食べられる?まとめ

 

今回は、

 

  • カレーの常温保存は基本的にNG
  • カレーを常温保存することで「ウェルシュ菌」という食中毒に繋がる菌が増殖する
  • カレーを常温保存したときの日持ちは半日が限度
  • 半日以上は危険なので、やめたほうがいい
  • カレーを冷蔵庫に入れ忘れた場合は、・すっぱい匂い・異臭・表面に白い膜・カビ・変色などがないかしっかり確認する
  • もし、嘔吐や下痢症状が出た場合は水分補給をしっかりして安静にする
  • カレーを食べた後、嘔吐や下痢がひどくおかしいと思ったら医療機関を受診する

 

 

についてまとめてみました(*´∀`*)

 

 

夏場ってカレー食べたくなりますよね。

 

 

 

 

簡単で美味しい、栄養価が高い、日持ちする、となると・・・

 

 

ヘビロテしてしまいますよね

 

 

 

 

我が家でも夏場のカレーを食べる頻度は冬場より圧倒的に多いです。

 

 

だからこそ、保存方法に気をつけて、美味しくいただきたいものですね(*´∀`*)

 

 

参考になれば幸いです!

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント