保育園・入園準備

靴下の名前つけを油性ペンで書く場所は?消えない良い方法はコレ!

 

 

保育園や幼稚園、小学校の名前付けで困るのが靴下。

 

 

アイロンシールやフロッキー・名前シールなどもありますが、正直めんどくさいっ!

 

だし、金額もそれなりにします。

 

 

 

それなら油性ペンで楽に、安く、ちゃちゃっと終わらせたい!と思いますよね

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

そもそもどの場所に書くのがいいの?

(あわよくば消えにくい・書きやすい)

 

 

 

書きやすい方法はないの?
(素材的に書きづらい(´;ω;`))

 

 

 

油性ペンで書いても消えない方法はないの?
(洗濯して書き直すのが面倒・・・)

 

 

と思いませんか?

 

 

 

 

そこで今回は、

 

 

靴下の記名はもっぱら油性ペン!

 

 

3人の小学生・幼稚園児・保育園児を持つ私がたどり着いた「靴下の名前をつけるいい方法」をこっそり紹介します(*´∀`*)

 

 

 

  • 油性ペンで名前つけをするコツ
  • 油性ペンで名前とけをするのにピッタリな場所
  • 靴下に記名しても消えにくい油性ペン
  • 記名しやすいソックス

 

 

などなど、「油性ペンで名前を書きたいあなた」にオススメしたい方法についてまとめました(*´∀`*)

 

 

 

 

       

 靴下の名前を油性ペンで書くときの場所は? 我が家がたどり着いたのはココ!

 

 

 

 

我が家は、アイロンーシールやらお名前シールやらアレコレ試していましたが、今やっている名前つけの場所が時短かつ消えにくい!!

 

 

ということで最近は定番となりました。

 

 

我が家のやっているやり方を紹介します(*´∀`*)

 

 

 

 

私が子供の小学校や幼稚園・保育園の靴下で記名は、

 

 

 

靴下の裏側の両サイドの土踏まずの部分に書いています。

 

 

 

 

この場所に書く理由は、一気に書けて時短になるから!

 

 

 

靴下って、

 

 

大体、干した後の状態になっているじゃないですか。

 

 

定番の靴下の記名方法の場合、折り返したり、平らにしたり形を整える手間が必要なんです。

 

 

 

 

 

ちっちゃいことだけど、つねに忙しくしてる我が家にとっては正直それさえ面倒!!

 

 

この方法であれば、靴下の形そのままで書けるのでめっちゃ楽なんです。

 

 

 

しかも、土踏まずに書くことで足裏が当たりにくいので消えにくくなるんです。

 

 

 

ただ、子供にはそんなことは分からないから、「名前が内側にくるように履いてね」と声掛けはしています。

 

 

間違っていても、ささって書いたものだから気にならなーい!!

 

 

 

 

 

ただ、足裏なので他の部分より消えやすいのは否めない・・・

 

 

他のオススメの場所も合わせて紹介しますね。

 

 

 

靴下の名前つけで油性ペンでも消えない場所はココ!

 

 

油性ペンで書く場合に限らずですが、完全に消えないというのは、正直難しいと思います。

 

 

 

その中でも油性ペンは薄くなりやすいですし、一回書いて終わり!で済まないことも多いです。

 

 

 

どうしても洗濯のたびに薄くなってしまうのは否めない・・・

 

 

とはいっても、「完全に消えない」と言い切れないのは他の記名方法も同じ。

 

 

靴下の記名はフロッキーやアイロンシールでも、名付け場所に限りができたり、取れることだってあります。

 

 

 

なのでやはり油性ペンでの記名がオススメ

 

 

 

その中でも「消えにくい場所」もあるので紹介しますね(*´∀`*)

 

 

 

 

 

油性ペンで名前付けをする場合で消えにくいのは

 

 

 

  • かかと
  • つまさき
  • 履き口の裏(リブの部分)

 

 

 

この3つがオススメです。

 

 

ただそれぞれ長所短所もありますので紹介していきますね

 

 

 

くつ下に油性ペンで名前つけ①履き口の裏(リブの部分)

 

 

 

履き口の裏に書く方法は、

 

目立たない・消えにくいという利点があります。

 

 

 

外側からは見えないので名前付けでも人気の場所です。

 

 

 

 

ただ、保育士さんや先生目線でいうと、いちいち裏返して名前を確認しないといけないので、少し手間取ると思います。

 

 

実際、私が通う保育園では、「靴下の記名は目立つところにお願いします」という指定があります。

 

 

 

 

なので保育園や小学校用靴下に名前つけをする場合は、先生に質問してからがいいかもです。

 

 

    スポンサードリンク
   

 

 

また、リブが大きいタイプのくつ下は、履き口の裏側の記名は、めちゃくちゃ書きにくい・・・

 

 

読む方も、ギザギザの字に「なんて書いているんだろう・・・?」となりやすいので、履きぐちのリブが大きいタイプの記名は他の場所が適していると思います

 

 

 

 

くつ下に油性ペンで名前つけ②つま先

 

 

 

つま先は、記名の場所としてわかりやすいのでオススメ!

 

 

 

 

また、保育園の場合、園児も多いので名前を覚えづらいですが、記名があると名前を覚えてもらいやすいし、

 

 

 

年少・年中の子くらいであれば、本人が見える方向で書いてあげることで自分の名前のひらがなを覚える練習になるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

なので、私は、年中の長女のくつ下はいくつはつま先に書いているものがあります。

 

 

 

ただ、靴をぬいだときに目立つのでお出かけ用や、お下がりにしたいときは不向きですね。

 

 

 

 

くつ下に油性ペンで名前つけ③かかと

 

 

 

足裏よりも擦れにくいので記名が消えにくいメリットがあります。

 

 

ただ、つま先に記名するのと同様で、靴を脱ぐと見えてしまうというデメリットも。

 

 

 

お出かけ用靴下としてはこちらも不向きです。

 

 

 

保育園や幼稚園用なら、足裏よりも記名が消えにくく、つま先よりも記名が目立たないので、無難な場所とも言えるかと思います

 

 

 

 

 

靴下に名前を書くいい方法。消えない・書きやすくするコツ!

 

くつ下は伸縮素材ゆえ、どこに書こうと書きづらいですよね。

 

 

ポイントは

 

 

  • 濃い油性ペンを使う
  • ゆっくりしっかり書く
  • ペン先は細すぎないもの
  • 消えにくい油性ペンを使う

 

 

この4つ!

 

 

靴下の名前つけのコツ①濃い油性ペンを使う

 

 

 

インクがしっかりある油性ペンで、少し押さえるような感じで書くと、しっかり濃く記名できます。

 

 

 

どうしても少しずつ薄くなってきてしまうので、一番初めに、濃く書くのが長持ちするポイント。

 

 

 

 

 

 

靴下の名前つけのコツ②ゆっくりしっかり書く

 

 

 

油性ペンをゆっくりすべらせるようにすると、引っ掛かりやにじみにくくなります。

 

 

あせって急いでしまうとにじんで、記名がわかりずらくなるので注意してくださいね(*´∀`*)

 

 

 

 

 

靴下の名前つけのコツ③ペン先は細すぎないもの

 

 

細いペンのほうが書きやすいとの意見もありますが、ペン先が細すぎるものは個人的には私はオススメできません。

 

 

 

 

私も書きやすさから、油性ペンの「細」のほうのペン先で書いていたこともあったのですが、洗濯の際に消えやすいんですね。

 

 

 

 

定番のマイネームペンなどの「太」のほうの油性マジックで書いたほうが、洗濯しても消えにくいです。

 

 

 

 

 

細い文字で書いた場合、薄くなったときに全然見えませんが、太い文字の方で書いたときは多少薄くなってきてもなんとなく見えるので、

 

 

 

 

油性ペンで書き直す手間が少し遅くなります。笑

 

 

 

 

靴下の名前つけのコツ④消えにくい油性ペンはコレ!

 

 

また、「消えにくい油性ペン」を使うのも、名前つけを長持ちさせるポイントです

 

 

油性ペンなんてどれも同じと思っていませんか?

 

 

私も以前はそう思っていたので、定番のマイネームペンを使っていました。

 

 

 

が、ほんっとすぐ取れてしまう(´;ω;`)

 

 

ということで、「名前付け専用の油性マジック」を使ってみることにしたところ・・・

 

 

記名が取れにくい!!

 

 

それからはずっとこの名前ペンを使っています。

 

 

 

 

 

安価ですし、一度試してみる価値ありかもですよ♪

 

 

名前付けしやすいソックスもおすすめ!

 

 

最近のキッズ用靴下は、予め名前がつけやすい工夫が施されているモノも多いです。

 

 

我が家ではキャラクターの靴下をよく買いますが、裏側に記名スペースがあります。

 

 

カラーソックスって、色によっては記名しても見えづらかったりすることもありますよね。

 

 

 

記名できる場所があるソックスだと、記名するのに迷わないのでオススメです。

 

 

 

靴下の名前つけを油性ペンで書く場所は?消えない良い方法はコレ!まとめ

 

  • 靴下に油性ペンで書くのが楽なオススメの名前つけの場所は「土踏まず」
  • 靴下の名前つけをできるだけ消えないようにしたい場合は、かかと・リブ部分・つまさきが人気
  • ソックスに名前を書くコツは、濃い・細すぎない油性ペンでしっかりゆっくり書くこと
  • 名前つけ専用の「名前専科」は、書きやすく消えにくいのでオススメ
  • 記名場所のあるソックスを使うのも靴下のネーム付けが楽になる

 

 

 

ということを今回まとめました。

 

 

私は、子供が3人居て、3人分の名前つけをアイロンテープやシール、フロッキーで行うのは金銭的にも負担があるし、時間的にも面倒なので、ほぼ「油性ペン」を使っています。

 

 

ですが、結局は油性ペンが楽で簡単だし、お金もかからないし、忙しいワーママにはピッタリ!

 

 

特に靴下は左右あるし、何足も準備するし、小さいし記名が面倒!

 

 

今回紹介した方法が参考になれば幸いです♪

 

 

 

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント