小学校・入学準備

ランドセルカバーの必要性とデメリット 1年生の間はつけるべき?

 

子供が小学校1年生に入るにあたり、ランドセルカバーの購入を検討される親御さんも多いかと思います

 

 

 

ただ内情としては、

 

 

使用したほうがいいの?

 

それともしないでいい?

 

 

と迷ってしまいますよね。

 

 

 

 

我が家もまったく購入を考えていませんでしたが、他のママ友が準備していることを知り、迷ってしまいました。

 

 

 

そこで色々調べたり、小学生の子供を持つママさんたちにリサーチした結果、知ったことについて今回はまとめてみました♪

 

 

ちなみに我が家はランドセルカバーは買わない。という結論に至りました。

 

 

 

この記事では、

 

  • ランドセルカバーの必要性とメリット
  • ランドセルカバーのデメリット
  • 一年生の間はカバーをしたほうがいいのか
  • 小学校の実際のランドセルカバーの使用事情
  • 我が家がランドセルカバーを買わないと決めた理由

 

 

などについて書いています(*^^*)

 

 

 

1年生のときに配られる黄色いカバーについては3章に書いています☆

 

 

       

ランドセルカバーの必要性は?するメリット

 

そもそもランドセルカバーってなんでつけるの?

 

と思いませんか?

 

 

 

本来は、ランドセルカバーといえば交通安全の黄色いカバーですよね。

 

こちらは、交通安全のため・一年生と分かりやすくするためと言った理由とされています。

 

 

 

 

ただ、現代のみんながつけているランドセルカバーは透明だったりカラーだったり様々。

 

 

 

する派の意見としては、

 

 

  • 傷がつくのが嫌
  • 雨よけになる
  • かわいいデザインをつけたい

 

 

 

と言った意見が多かったです。

 

 

ただ、私はランドセルカバーを買わない選択をしましたが、他のメリットもたくさんあるので紹介したいと思います(*´∀`*)

 

 

傷や汚れからランドセルを守ってくれる

 

一番のメリットといえば、ランドセルをきれいに保てる。

 

 

これなのではないかと思います。

 

 

 

ランドセルカバーをつけることで、傷や汚れからランドセルを守ってくれてきれいに保つことができます。

 

 

 

我が家が購入を検討したのも、傷や汚れがついてほしくないというキモチから。

 

 

 

我が子は男の子なのですが、モノの扱い方が雑なんです。

 

絶対ランドセル投げるでしょ!

 

地面の上でランドセル乗るでしょ!

 

情景が想像できるくらい言い切れる。笑

 

 

 

 

とはいっても、

 

 

小学生と言えど、まだまだ子供。

 

「丁寧に扱う」って難しいですよね。

 

 

 

 

とは言っても・・・

 

 

ランドセルは高価なお買い物なので、キレイに使ってほしいし、小学

校6年生まで使ってほしい!

 

 

そんなキモチから、自分がイライラする姿まで想像できたので、私はランドセルカバーは必要なのではないかと思ったんですね。

 

 

 

ランドセルのリメイクを考えているなら

 

今、ランドセルをリメイクする人が増えていますよね。

 

 

 

ランドセルのリメイクなどを考えている方は、カバーをしておくとキレイに保てるので、つけることが多いようですよ。

 

 

 

 

日光や雨からランドセルを保護してくれる

 

ランドセルカバーをすることで、日光による日焼けや、雨からランドセルを保護してくれます。

 

 

日焼けについては、

 

意外とランドセルは日焼けによって色あせしやすいので、ランドセルカバーはもってこいかと思います。

 

 

 

ただ、雨除けについては、期待しないほうがいいかと思います。

 

 

 

ランドセルカバーの素材にもよりますが、ランドセルカバーはほとんどのものが防水施工されていません。

 

 

 

また、

 

  • ランドセルカバー濡らしてしまった後の手入れが必要
  • 雨除けできるのは表面だけ

 

と言ったデメリットがあります。

 

 

 

雨除けをするのであれば、ランドセルのレインカバーを使ったほうが有効です

 

 

 

ランドセルのレインカバーとは、

 

 

 

 

こんな感じでランドセルをすっぽり包んでくれるタイプのものです。

 

 

 

防水加工もされているので、雨対策としてはこちらのほうが雨からランドセルを守ってくれます。

 

 

ランドセルをおしゃれに彩ってくれる

 

ランドセルカバーは種類も豊富で、透明~柄物、イニシャルを入れられるものまでさまざまあります。

 

 

 

 

イニシャル入りはこんなおしゃれなものもありますし、

 

 

 

 

 

シンプルにランドセルを保護してくれる透明のもの、

 

 

 

 

 

好きな絵柄をチョイスできる柄物。

 

 

 

 

などなどバリエーション様々!

 

 

 

ランドセルの色に飽きてしまったり、可愛いデザインのものを持ちたいと言った場合の気分転換にもなりますし、イニシャル入りはオリジナル感ばっちりなので「個性」にもなります(*´∀`*)

 

 

 

また、メルカリやヤフオクなどではランドセルカバーのハンドメイド品を出品されてくれる人もいますし、自分で手作りすることも可能ですよ~♪

 

 

 

防犯・交通安全のため

 

 

目立つカラーのランドセルカバーを付けることで、周囲の人や車に見つけてもらいやすいといったメリットがあります。

 

 

また、

 

最近のランドセルカバーは、

 

車や自転車のライトに反射するラインつきのランドセルカバーも豊富なんです♪

 

 

 

 

 

 

 

こういったものですね。

 

 

 

ランドセルカバーのデメリットやしない派の理由

 

 

ここまでランドセルカバーのメリットを紹介しました。

 

ランドセルカバーやっぱり必要かなあ?と思いますよね。

 

 

私もやっぱり買おうかなあと思ってきました。笑

 

 

 

ただ、いいこともある反面、デメリットも当然あるんですね。

 

 

次はデメリットについて紹介したいと思います(*´∀`*)

 

 

 

しない派の意見としては、

 

  • 傷も汚れも六年間たくさん学校に通った証拠
  • せっかく好きな色のランドセルを買ったのにもったいない

 

 

といった意見がありました。

 

 

 

ランドセルのカラーやデザインが活きない

 

 

最近のランドセルは、カラーもデザインも豊富です。

 

 

ランドセルカバーをつけることで、そのデザインやカラーが活きず、もったいないというデメリットがあります。

 

 

せっかくたくさんのデザインやカラーからお気に入りを見つけたんだから、カバーをつけたら逆にもったいない!ということですね。

    スポンサードリンク
   

 

 

 

私も、そうやって思ったのですが、やはり傷つきが気になりました。

 

 

 

 

そこで、

 

じゃあ透明のランドセルカバーをつければ問題なくない?

 

 

 

と思ったんです。

 

 

さきほどいくつかランドセルカバーを紹介しましたが、透明ランドセルカバーも可愛い・かっこいいものがたくさんあるんです

 

 

 

 

ただ、クリアのランドセルカバーにもデメリットがあったんです(´;ω;`)

 

 

透明のランドセルカバーはつけることで汚く見える場合もある

 

 

これは透明のランドセルカバーに限りですが、

 

透明のランドセルカバーをつけることで、白っぽくなっちゃうことがあるそうなんです。

 

 

 

透明のランドセルカバーの素材は、プリプロピレンだったりします。

 

いわゆる、プラスチックですね。

 

 

例えば、下敷きとかが折れ曲がった部分が白っぽくなったりするじゃないですか。

 

そんな感じで白くなっちゃうんだと思います

 

 

 

 

傷が白浮きするのかな?

 

 

 

その見た目があまりキレイとは言えないんだそう。

 

 

 

ランドセルをキレイに保護するためにランドセルカバーをつけるのに、ランドセルカバー汚かったら意味ないよね。

 

と言った意見もありました。

 

 

 

ランドセルをキレイに保つ必要がない

 

 

 

傷や汚れは六年間、一生懸命学校に通った勲章だから、そもそもキレイに保つ必要がないよね。という意見も多かったです。

 

 

確かに、六年後に振り返ったとき、傷や汚れのないランドセルはなんだか懐かしさがなく、寂しい気がするのかもな~とも思うんですよね。

 

 

 

と言っても、今のランドセルは傷もつきにくいので、ランドセルカバーを使ってない六年生の男の子のものでも、全然キレイだよ~!て方もいました。

 

 

 

手入れしないとカビや劣化が激しくなる

 

 

 

扱い方がひどいと、カバーと本体の間にカビがはえることがあるそうです。

 

 

 

長時間つけっぱなしによる蒸れや、蒸れたまま放置することで劣化が起きるようですね。

 

 

 

 

実際にカビが生えた方のお話を聞いたことがあるのですが、「黒カビ」で、落ちなかったんだそう~(´;ω;`)

 

 

ピンク色のランドセルで目立つから、結局その後は、小学校卒業までずっとカバーをしたまま過ごしたそうです。

 

 

 

 

小学校になったら忙しさも増すし、仕事があったり下の子が居たりしたら、手入れ・・・できるかなあ、と感じました

 

 

 

一年生はランドセルカバーをつけるべき?

 

と言っても、ピカピカの一年生。

 

ランドセルも真新しく、キラキラ~。

 

 

ランドセルカバーつけるべきなの?と思いますよね。

 

 

ただ、一年生の間は、お住まいの地域にもよりますが、だいたいの小学校で交通安全協会の黄色いランドセルカバーが配られると思うんですね。

 

 

 

この黄色いランドセルカバーは、一年生の間は義務ずけられている小学校も多いようです。

 

 

なので、一年生で交通安全協会の黄色いカバーが配られるのであれば、安全対策にもなるので、その黄色いカバーをつかうのがいいのではないかと個人的には思います。

 

 

実際、私が小学校に見に行ったとき、一年生は全員つけていましたよ

 

 

配布される交通安全協会の黄色いカバーはなんのためにつける?

 

小学生が使っている交通安全の黄色いカバーですが

 

 

 

交通安全のカバーは、

 

 

運転席からよく見えるように目立つカラー。

 

 

になっているそうで、

 

 

また、一年生ということも分かりやすく、周囲の人からもサポートしてもらいやすいといったメリットもあります。

 

 

 

 

小学校1年生の間はつけたほうがいい、とされている地域も多いです。

 

 

小学校によっては、一年間はつけるように言われることもあります。

 

 

 

 

ただ、いただく団体によって強度の差があるみたいで、

 

 

壊れた場合に、ビニールテープを貼ったり、透明のランドセルカバーに黄色いカバーをつけてなんとか1年使用する方もいらっしゃるみたいです。

 

 

ですが、実は黄色いカバーも売っているという・・・

 

 

実際に小学校のランドセルカバー事情を見てきました!

 

 

たまたま通う小学校に行く機会があったので、全学年を見学させてもらい、ランドセルカバーの使用率も確認してみました。笑

 

 

 

ただ、住む地域や小学校によってもこのあたりはばらつきがあるので参考程度に見てくださいね(*´∀`*)

 

 

ランドセルカバー使う派しない派どっちが多い?

 

 

私の子供が通う地域では、ランドセルカバーの使用率は半々くらいでした。

 

 

 

高学年に上がるにつれ、つけている子が減っている感じでした~!

 

 

 

 

ただ、このあたりは、通う学校でも違いが出てくる部分があります。

なので気になるのであれば、学校に立ち寄った際、可能であればさら~と他の学年を見てみるのもいいかと思います

 

 

 

 

ランドセルカバーはいつまでつけるものなの?

 

 

我が子たちが通う小学校では、ランドセルカバーの使用率は半々くらいと言った感じでしたが、ただ、高学年になると、ほとんどの小学生たちがランドセルカバーを使っていませんでした(*^^*)

 

 

やはり学年が上がるにつれ、子どもたちのランドセルの扱い方も荒くなくなるし、あと数年だし汚れや傷も気にならなくなってくると言った理由があるのではないかな~と個人的には思いました

 

 

ランドセルカバーは男の子の場合は必要ない?

 

私の子供が通う小学校では、男の子のランドセルカバーをかぶせる率は少ないように感じました。

 

 

女の子の場合は、「おしゃれ」だったりでつける子が多いみたいですが、男の子は割とそのあたりは無頓着だったりしますよね。

 

 

 

ランドセルカバーは女の子のほうが使用率が高い気がしますし、市販のものも、女の子向けのものが多いように思います

 

 

 

我が家がランドセルカバーを買わないと決めた理由

 

 

もともとは、透明のランドセルカバーを買おうと思っていました。

 

 

 

ですが、デメリットである「ランドセルカバーが白くなり逆に汚く見える」と言った理由が少し気になったんですね。

 

 

 

結論に至った理由としては、

 

 

  • 傷も汚れも六年間使った勲章
  • 最近のランドセルはカバーをしなくても傷に強い
  • 黄色い交通安全協会のランドセルカバーを一年使える

 

 

この3つの理由からです

 

 

 

傷や汚れも六年間がんばって学校に通った勲章だし、傷や汚れも、日光による色あせも「味」になるのではないかと思ったんですよね。

 

 

また、小学校6年生の男の子を育てているお母さんもカバーなしでもキレイに保っていると言ったお話も聞かせていただいて。

 

 

必ずしも必須でないよな~と思ったんですよね。

 

 

ただ、その一方、高いランドセルがボロボロになって、「鬼ババア」になる自分も想像できたり・・・笑

 

 

 

 

なので一年は黄色い交通安全協会のカバーを使って様子を見て、その後に必要であれば買うといった結論にいたりました。

 

 

 

ただ、レインカバーについては必須だな~と感じたので購入しようと思いました(*´∀`*)

 

 

 

ランドセルカバーの必要性とデメリット 1年生の間はつけるべき?まとめ

 

今回はランドセルカバーはかぶせたほうがいいかについてまとめました!

 

 

ランドセルカバーのメリットやランドセルカバーをする派の意見としては、

 

 

  • 傷や汚れがつきにくくなる
  • 日焼けや雨を防止してくれる
  • おしゃれとして
  • 防犯・交通安全

 

 

 

 

ランドセルのデメリットやランドセルカバーをしない派の意見としては、

 

 

 

  • 本来のランドセルの色やデザインを活かしたい
  • 傷や汚れも六年がんばって小学校に通った勲章!キレイに保つ必要がない
  • マメな手入れが必要になるから面倒になるし、逆に汚く見える可能性もある

 

 

ということと、

 

  • 一年生の間は交通安全協会の黄色いランドセルカバーを使用したほうが無難
  • 実際のうちの子が通う小学校の場合は、ランドセルカバー使用率は半々で、低学年の子に多かった
  • ランドセルカバーは男の子の使用率は少なかった
  • 我が家は一年生の間は、黄色いランドセルカバーをつけるので購入しないと決めたこと

 

 

についてまとめました。

 

 

参考になれば幸いです(*´∀`*)

 

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント