未分類

ラッシュガードって子供は必要?メリットやデメリットと選び方!

 

 

そろそろ夏本番ですね!

 

 

プールや海・BBQなどの野外レジャーや野外イベントも増え

 

ワクワクする一方で、

 

 

 

紫外線での日焼けなども気になるところですよね。

 

 

 

近年では、紫外線対策にラッシュガードを愛用しているママさん、子どもさんをよく見かけますよね。

 

 

 

でも・・・

 

  • ラッシュガードって実際どうなの?
  • ラッシュガードって必要なの?

 

 

 

と悩んでしまいませんか?

 

 

 

子供のラッシュガード愛用者として、

 

 

  • 子供のラッシュガードが必要か
  • 子供にラッシュガードを着せるメリットとデメリット
  • こどものラッシュガードの選び方

 

 

 

についてまとめました(*^^*)

 

 

       

ラッシュガードは子供に必要?買うべきか悩むママへ

 

 

結論としましては、必須ではない。

 

 

・・・と個人的には思っています。

 

 

 

ですが、あったらとてつもなく便利です。

 

 

 

 

近年はは紫外線も強く、普段の生活から気を付けないといけないことが多くなってきていますよね。

 

 

 

なので

 

肌が弱いお子さんや、

 

子供を絶対、日焼けさせたくない!

 

 

 

 

という場合であればラッシュガードを使うといいと思いますが、

 

 

 

絶対に必要なのか?と聞かれると、「絶対ではないけど・・・」と思います。

 

 

 

 

ただ、海やプールに行かれる機会があるのであれば更にあったほうがいいと思います。

 

 

 

 

理由は、

 

まずラッシュガードが便利な理由からお話ししますね。

 

 

 

子供にラッシュガードがあると便利だと思う理由

 

 

 

便利だと思う点としては、

 

 

 

 

  • 海やプールなどの水遊び以外でもラッシュガードは使える
  • 紫外線対策以外の目的も果たせる

 

 

この2点。

 

 

 

海やプール以外でもラッシュガードは活用できる!

 

 

例えば、夏のBBQ。

 

 

長い間、日差しの中にいるなら、紫外線が気になりませんか?

 

 

 

 

我が家は、

 

日焼け止めを塗ったり、長袖を着せたりの日焼け対策を普段しません。

 

 

そんな我が家でも、

 

野外イベントで長く日差しの下にいるときは、紫外線が気になってしまうところ(´;ω;`)

 

 

 

 

長袖のはおりものを着せたいところですが、

 

 

子供が暑い中、

 

長袖着ていられるかっていうとそうはいきませんよね。

 

 

 

 

ですが、ラッシュガードだったらそんなときも活躍してくれるのです。

 

 

 

なんでかというと、

 

ラッシュガードは通気性がいいので暑さも感じず、肌を守ることができるから!

 

 

 

 

逆に言うと、冬は寒いんですけどね・・・

 

 

 

実際使ってみると

 

 

普段の外出時などにもかなりヘビロテしちゃえるアイテムになりました。

 

 

 

 

 

例えば、

 

  • ちょっとした10分ほどの外出
  • お家でのレジャープール

 

 

こんな場面でも大活躍してくれるんですよ♪

 

 

 

 

ちょっとしたお出かけに日焼け止めを塗るのも面倒だし、

 

水遊びでは子供に使える日焼け止めは流れてしまいます。

 

 

 

ラッシュガードは紫外線対策だけでなく、怪我からも肌を守れる!

 

 

 

 

水中って、皮膚が水を含んで普段より柔らかくなって、軽く当たるだけでも深い傷になってしまうことってないですか?

 

 

 

ラッシュガードを着ておけば、

 

 

海やプールでの、水中の擦り傷や、クラゲなどから肌を守ることができます。

 

 

 

 

100%安全になるわけではないですが、

 

肌に直接当たるのと、一枚クッションがあるのとでは全然違いますよね。

 

 

 

それならTシャツやパーカーなどの長袖でもいいのでは?とも思いますが、実はそうでもなかったんです。

 

 

海やプールでTシャツやパーカーなどを服を着るのは危険?!

 

 

 

海やプールに行く際も、頻繁に行くわけではないし、紫外線対策は長袖Tシャツやパーカーでいいや、と思ってしまいませんか?

 

 

 

私はそう思っていました。

 

 

 

ですが行ってチーン。

 

 

Tシャツ着用禁止だったんです。

 

 

 

 

プールなどはTシャツお断りのところとかも多く、Tシャツなどは着用できない可能性があります。

 

 

 

海やプールでTシャツやパーカーが禁止な理由は?

 

なんで駄目なんだ・・・

 

と気になったのでプールの監視員の方に聞いてみたところ、

 

 

 

理由としては、浮遊性がないから危ないから。

 

 

ということでした。

 

 

たしかーに!

 

 

 

なので、海でも同様、浮遊性がないので、泳いだりするのであれば危険だし、身体も重たく感じます。

 

    スポンサードリンク
   

 

 

また、

 

 

パーカーだったりTシャツだったりだと、

 

 

  • 砂で汚れたとき、洗う手間
  • 濡れてずっしり重い衣類をしぼってあげたり
  • 濡れて重い衣類を持ち帰る

 

 

と気遣ったりしないといけない部分もあり、

 

 

大人も子供も面倒を感じてしまうこともありますよね。

 

 

 

ラッシュガードを子供が使うメリットとデメリットは?

 

 

ラッシュガードの便利さはわかったけど、デメリットってないの?とも思いますよね。

 

 

ラッシュガード愛用者の私が思うメリットとデメリットをお話しますね。

 

 

 

子供がラッシュガードを使うメリット

 

 

ここは、前章にも書いた内容も含まれますがこういったメリットがあります♪

 

 

  • 日焼けから肌を守れる

 

  • 一番のメリットはこちらですよね。日焼けへの効果は十分感じられます(^^♪

 

  • 海に入るとき、普段の水着より浮力が働く

 

  • 普段使いもできる

 

  • 暑くならないので、子どもが嫌がらない

 

  • 傷から守れる

 

  • すぐ乾く

 

  • 水にぬれても重くならない

 

 

子供がラッシュガードを使うデメリット

 

ラッシュガードのデメリットとしては、

 

 

 

  • 少し値が張る

 

  • 濡れてるまま外にずっといると、寒く感じる

 

  • 日焼けの仕方にムラができる

 

  • 脱ぎづらい

 

 

このような点があるかと思います。

 

 

 

ラッシュガードは高い?

 

 

普通の水着だったらピンキリで安く買えたりしますが、ラッシュガードは水着よりも値が張るものが多いです

 

 

 

・・・が、

 

 

最近着用している人も増えてきていて、楽天とかだったらお安く買えたりしますよ(*´∀`*)

 

 

 

 

ラッシュガードを濡れてるまま外にずっといると、寒く感じる?

 

 

 

保湿性はないので、水から出ると寒いです(´;ω;`)

 

なので、水遊びレジャーで使う場合は、

 

 

水面から出たら、脱がせてあげるか、タオルなどをかけてあげるといいかと思います。

 

 

パイルパーカーも乾きやすくオススメ。

 

 

 

 

ラッシュガードは日焼けの仕方にムラができる?

 

 

ものにもよりますが、日焼けのむらができやすいものがあります。

 

 

例えば、

 

プリント(絵柄)が多く入っていたり、半袖のものなど。

 

 

 

 

ラッシュガードは脱ぎずらい?

 

 

 

ラッシュガードはぴったりめのものを選んだほうがいいのですが、

 

 

ぴったりの衣類は、子供にとっては脱ぎづらいです。

 

 

 

 

このあたりは選び方を工夫すると解決できるので紹介しますね!

 

 

 

ラッシュガードを子供用に購入する際の選び方

 

ではどんなものを選べばいいのか?

 

 

実際にラッシュガードを買ってみて思うことを書いていきたいと思います。

 

 

泳ぐ場合はぴったりめのラッシュガードを選ぶが吉!

 

 

 

泳ぐ予定があるのであれば、ぴったりめを選ぶのがおすすめ。

 

 

なぜかというと、

 

海で泳ぐ際は、ゆったりめのラッシュガードはとても危険なんですね。

 

 

 

 

詳しくはこちらの記事に書いていますので良かったらご参照ください。

 

ラッシュガードの選び方

 

 

 

 

普段使いだったり、がんがん泳ぐ目的でなければ、子どもはすぐに育つので大きめでも大丈夫です。

 

 

 

 

服の上から着たりすることもある場合は、逆にルーズタイプのほうが使えたりします(^^♪

 

 

 

 

うちは海用にジッパーなしのぴったりめと、普段用にゆったりめのものを持っているのですが、

 

 

95cmくらいのとき、110cmの長袖を着ていましたが、腕を曲げたら十分着られました!

 

 

 

2種類って無駄じゃない?と思うところですが、

 

 

 

普段用を来年用のピッタリサイズに回す→そのまま下の子へ

 

 

 

ってやっているので無駄なく、むしろうちのラッシュガードさんがんばってくれてますw

 

 

泳ぐ場合はフード付きのラッシュガードはNG!

 

 

 

後ろ首の保護もできるし、とフード付きのものを選ぶ方も多いですが、

 

泳ぐ予定があるのであれば、フード付きも危険なのでおすすめできません。

 

 

 

 

理由は、水にはいったときに、引っかかったりする場合があるからです。

 

 

 

 

ビニールプールで遊ぶ、普段使い目的ならそんなに気にならないと思いますが、

 

 

 

 

ずっと見ていられるわけではないし、

 

小さい間はちょっとしたことが大きな危険に繋がることもあるので、

 

 

 

我が家ではフード付きは選ばないようにしています。

 

 

 

着脱しやすいジッパーつきのラッシュガードを選ぶと脱ぎやすい

 

子供はピッタリサイズの衣類の着脱は難しいものです。

 

ラッシュガードは濡れるので子供にとっては更にぬぎずらいと感じることも。

 

 

ジッパーがついていれば手軽に脱ぎやすいです。

 

 

 

また、

 

 

汗をかいたり、水にぬれたりすると体温が奪われてしまいます。

 

 

なので、水面から上がる際はできればラッシュガードは脱いだほうがいいんですね。

 

 

 

子どもは体温を奪われやすいので、すぐに着脱できるものだと便利ですよ。

 

 

 

ただこちらもがっつり泳ぎの場合は気を付けてくださいね。

 

 

ラッシュガードって子供は必要?メリットやデメリットと選び方!まとめ

 

 

今回は

 

  • ラッシュガードは子供にとって必要か
  • 子供のラッシュガードのメリット・デメリット
  • 子供のラッシュガードの選び方

 

 

について紹介しました(*´∀`*)

 

 

参考になれば幸いです!

 

 

 

ただ私の周りでも、愛用者が多く、とても便利なので、迷っている方がいたらお役に立てたら幸いです(*^▽^*)

ラッシュガードの選び方はサイズや色と紫外線カット率で決める?

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント