年末年始

おみくじの凶は結ぶか持ち帰るどっち?もう一回引くのはアリ?

 

おみくじで凶が出たら、不安になってしまいますよね(´;ω;`)

 

 

まず気になるのは「結ぶか持ち帰るか」ではないでしょうか。

 

 

 

どちらが正解かと、もう一回引くのはアリかなしかについてまとめました!

 

       

おみくじの凶を引いたら結ぶ?持って帰る?

 

大吉の場合は持ち帰って、凶の場合は木の枝に結ぶ。とよく言われていますよね。

 

 

ですが厳密に言うと、どっちでもいいんです。

 

 

 

というのも、

 

おみくじは、今年の運勢を占うものだと思いますよね。

 

 

 

でも実はおみくじは今年の運勢を占うものではなく、今後のことへのご助言と願いの叶いやすさなんです。

 

 

なので、縁起を気にして無理に結ぶ必要もないんだそうですよ。

 

 

「どちらがいいか」を決める前にまずは、おみくじの意味を知ると迷いがなくなりやすいかと思います

 

 

 

おみくじの良い・悪いの順番は、

 

 

そのときの「運の良さ・悪さ」かと思いがちですが願いが叶いやすい順番なんです

 

 

凶が出たら、上の末吉や吉などより、願いが叶うのに時間がかかるよって意味なんです。

 

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

凶→この一年はくじに書いてるような不運があるから気をつけろよ!ではなく

 

 

凶→助言を守れば、願いが叶うけど叶いにくいよ

 

 

ってことなんです。

 

 

凶や末吉なのに内容めっちゃ良いじゃん!と書かれている内容に、疑問に感じたことってないですか?

 

 

まさしく、「願いやすさ」だから、悪い内容だけ書かれているってことではないってことですね

 

 

 

「凶」だと気分的に思ってしまうけど、引いたときの状態が「凶」ってわけでもないので安心して大丈夫。

 

 

 

今後の開運の指針として使うことが大事。

 

 

 

ちなみに、凶の順番は一般的にざっくりで言うと、

 

 

7つの中の下から2番目。

 

 

大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶

 

 

 

細かく分けると

 

 

大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

 

となり、下から5番目になります

 

 

そんなに悪くない感じがしますよね

 

 

 

 

 

なので、おみくじの順番はそこまで気にしなくていいのです。

 

 

 

それより、

 

おみくじは吉・凶などの結果よりも、くじに書いていることのほうが大事だとされているんです。

 

 

 

 

おみくじに書かれていることは、

 

  • 気をつけるべき行動
  • 今後起こりうること
  • 考え方

 

 

について書かれています。

 

 

 

この助言をしっかり聞き入れ行動することで、危険の回避や物事が回るのを円滑にしてくれたりするんです。

 

 

逆に凶が出るとラッキーという見方もある

 

 

    スポンサードリンク
   

大吉や吉だと、どうしても浮かれてしまい慢心しやすいですが、「凶」が出ることでいつも異常に注意深く行動することができます。

 

それによりいい結果が得られる可能性も大いにありますよね

 

 

おみくじで凶が出たら持ち帰るか結ぶか

 

冒頭でもお話した通り、どっちでもいいのですが、それでは迷ってしまいますよね

 

 

 

凶は、利き手と反対の手でおみくじを木の枝に結ぶと、困難を達成したとみなされ、吉転する。という一説もあります。

 

 

利き手とは反対の手で結ぶのは、利き手よりも難しいことなので、困難に立ち向かう、いわば「修行の意味」で考えられてます

 

 

「困難は乗り越えた」とみなされて、願いが叶いやすくなるというわけですね

 

 

 

また一説として、

 

浅草寺では「凶のみお結びください」と案内されているそうです。

 

 

 

ちなみに結んで帰るのは、恋愛や神社との「縁を結ぶ」ということで行われた習慣だそう

 

 

持ち帰るのは、おみくじに書いてある助言を確認して、しっかり気をつけましょうということ。

 

 

また、日々の生活の中でおみくじにかかれている内容に気づきを得ることもあります

 

 

神社に結ぶことで、「言葉」を見ることができなくなりますが、持ち帰ることで具体的な行動が取れるという見方も。

 

 

ちなみに大きい声では言えませんが一説では、ご神木に結ばれるのを防ぐために設置された苦肉の策だから持ち帰るべきというお話もありますヨ

 

 

おみくじを持ち帰る場合の注意点

 

 

持ち帰ったおみくじは、

 

  • 願いが叶う
  • 次のおみくじをひく

 

 

この2つのどちらかの場合、神社やお寺に返納するの望ましいそうでうす。

 

 

ちなみに、引いた場所でなくても、近所の神社にお返しすれが「お焚き上げ」してくれます。

 

捨てるのはやめておくのがベター。

 

 

 

また、肌身離さず持ち歩くといい、という一説もあります。

 

 

これは、「お守り」と言った意味合いではなく、自分の指針を決めたり、戒めの意味で持ち歩くのがいいとされてます

 

 

ですので、持ち帰った場合は、時々おみくじを読み返すようにするのがいい

 

 

かさばらないですし、財布やアイフォンケースに忍ばしておくといいかもしれないですね。。

 

 

 

おみくじで凶が出たから連続でもう一回引くのはアリ?

 

 

凶が出た場合、もう一回引こうかな・・・って気分になってしまいますよね。

 

 

私も気に入る結果が出るまで何度も引いてしまう派なのですが、実はこれはしてはいけないんだそうです。

 

 

 

理由としましては、

 

おみくじのお言葉は神様仏様のお言葉とされてますよね。

 

 

それを聞く耳を持たず信じないで、気に入る結果にしたいというのは「欲の塊」で、裏切り行為になってしまうんです

 

 

 

 

一見怖いように感じますが、

 

 

今の自分にあったことがおみくじを通じて教えてくれているということなので、まっすぐに受け止めることが1番かと思います。

 

 

 

ただ例外もあるので紹介しますね

 

 

おみくじの二回目を違う神社で引くのはOK

 

 

ただ、違う神社や寺院でおみくじを引く場合、違う神・仏様の意見を聞くことになるので、問題ないそうです。

 

 

 

おみくじの違う種類ならOK

 

 

同じ神社・寺院でも目的が違うなら、2回引いてもOKだそうです。

 

 

 

恋愛・健康・金運とか色々ありますもんね。そんなときは複数引いても問題ないようですよ

 

おみくじの凶は結ぶか持ち帰るどっち?もう一回引くのはアリ?まとめ

 

 

今回は、

 

  • おみくじの順番の意味は「願いの叶いやすさ」だから、縁起が悪いとかはない
  • 順番より内容が大事。だから「凶」だからと必ずしも結ぶ必要はない
  • 凶のおみくじを利き手でないほうで結ぶと好転するという説もあり
  • おみくじは凶でも持ち帰るほうがいいという説もある
  • 持ち帰る場合は、身につけておくといい
  • おみくじをもう1回引くのはNGだけど、違う神社・違う種類のおみくじならOK

 

ということについてまとめめした(*´∀`*)

 

 

参考になれば幸いです!

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント