未分類

浴衣の汗染みの原因や染み抜きの方法と黄ばみなどのひどい汚れの対処法

 

 

夏の浴衣。

 

見ている方が涼しいけれど、実際は汗だくだったりしますよね。

 

 

汗により浴衣に汗染みや黄ばみができてしまってなんとか取りたい!という方に向けて、浴衣の汗染みや黄ばみの対処法についてまとめました。

 

 

 

       

浴衣の汗染みの原因は?

 

 

汗染みの原因は、

 

  • 汗をかきやすい
  • 浴衣を干してからしまわない
  • 定期的に洗っていない

 

 

このようなことがキッカケとなり汗染みや黄ばみになります

 

 

 

汗染みが起こるのは生地に含まれる成分に、汗の塩分などが溶け出すのが原因なんですね。

 

 

 

なので、付着する汗の成分が多いと、シミになりやすいのです。

 

 

 

わかりやすくいうと、直接肌に当たりにくい足元より、脇などのほうが汗染みが起こりやすいですよね?

 

 

 

 

汗が付着しても、すぐ対処できれば(洗濯など)、汗染みを防げる可能性が高くなりますが、そのまま放置するとどんどん汗の塩分が広がってシミになりやすくなります。

 

 

 

黄ばみはどんどん進行しているということで、早めの対処が必要です。

 

 

 

浴衣などは、毎回洗わないことも多く、どんどん進行してしまい、シミになりやすいのです(;_:)

 

 

 

そして、菌が消えたとしても、一度黄ばんでしまったりシミになってしまえば、染み抜き以外の対処法はありません

 

 

 

汗をかくのは仕方ないですが、

 

 

  • 干してからしまう
  • 定期的に洗濯する

 

 

この2つは心がけた方がいいです。

 

 

 

浴衣の染み抜きの方法

 

 

 

手拭いなどに使われる木綿のものだったら、自宅で染み抜きが可能です。

 

 

 

シミの具合が少しだったり、薄い汚れだったら取れますが、古いシミだと落ちない可能性もあります(>_<)

 

 

 

そのときは専門店に相談されることをおすすめします。

 

 

 

素材が麻や絹だと、クリーニングに出すことをおすすめします。

 

 

 

家庭で洗う時の注意点

 

  • 干し方により、型崩れの原因になる
  • 手間がかかる
  • 色落ちする可能性がある
  • 古いシミは落ちない可能性がある

 

 

これらが心配な方は潔く専門店に出しましょう。

 

 

 

また、上記の理由から、お気に入りのものに関しては手洗いはおすすめしません。

 

 

 

自己責任でお願いします(>_<)

 

 

 

まず、浴衣についている洗濯表示を必ずチェックしてください(^^♪

 

 

 

基本的に浴衣は繊細なので、手洗いです。

 

 

    スポンサードリンク
   

 

そして、基本的に冷たい水で洗います。

 

ぬるま湯はお湯は、色落ちの原因になり、反って状態を悪くしてしまう可能性があります。

 

 

 

浴衣は、色うつりを予防するためにも、1着ずつ洗いましょう(^^♪

 

 

 

1.特にひどい染みの箇所に湯温程度のお湯と固形石鹸をつかって、よく泡立ててもみ洗いゴシゴシしないように注意してください!

 

 

 

2.お湯に酸素系漂白剤(色物でも使える漂白剤)を、染み抜きの分量だけ溶かして、水で1~2時間ほどつけ置きする

 

※目立たないところで試してからするか、色落ち覚でお願いします!

 

 

 

3.漂白剤をきれいにすすぎ最後に丸洗いする

 

浴衣の濃淡を防ぐために丸洗いしましょう(^^♪

 

 

 

4.しわをたたきながらキレイに伸ばして干す

 

ちゃんと伸ばしてやらないと縮みます。乾燥機は絶対NGです!!

 

 

 

5.アイロンをかける

 

しっかり当て布をしましょう!

 

浴衣のひどい汗染みや黄ばみはクリーニングで綺麗になる?

 

 

ひどい汗ばみや黄ばみは、それだけ時間が経っているということなので、クリーニングに出したからと言って必ず取れるとは限りません。

 

 

 

ですが、相手はプロの方です。

 

 

自宅でするよりは格段と確率は上がります。

 

 

 

1度持っていかれてとれるか相談してみるといと思います。

 

 

 

料金はお店によってですが、クリーニング自体は大体1000円~2000円前後です。

 

 

 

季節物なので、シーズンによっては安くなるキャンペーンを行っていることが多いですよ(^^♪

 

 

 

ただ、染み抜きとなると、プラスで料金が必要になってきます

 

 

 

個人経営のお店の方が、値段が高い分、丁寧に扱ってくれるお店が多いようですが、何かあったときの対処はチェーン店の方が融通が利くと思います。

 

 

 

呉服店に出す方法もありますが、信頼できるクリーニング屋さんにお願いしているケースもあるので、反って高くつくことがあります。

 

 

 

まあ、その呉服店を信頼していらっしゃるなら、信頼している相手が信頼している会社なので安心度は高まりますね(^^♪

 

 

一番いいのは着物や浴衣専門のクリーニング店にお願いすることです。

 

 

 

価格もそれなりにかかってきますが、染み抜きも丁寧で、色落ち部分の修正もしてくれます

 

 

 

プロ中のプロですから、ふるい汚れもキレイに落としてくれます。

まとめ

私だったら、今は浴衣も安く売っているので、そんなりお気に入りのものでないなら、クリーニングに染み抜きを出すといくらかかるかわからないし、自宅でやってみて駄目だったら買う。

 

 

 

お気に入りの浴衣だったり、誰かが生前着ていたものだったりすると、高価でもクリーニングに出します。

 

 

 

状況によって判断されてくださいね(^^♪

 

 

 

ですが、一番は汗染みをさせないことだと思います(>_<)

 

 

 

しっかり対策をとるのが一番ですね。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント