クリスマス

ケンタッキーチキンの温め方で持ち帰りでも美味しい&カリッとさせる方法

 

クリスマスの代名詞でもあるケンタッキー・フライド・チキンのオリジナルチキン。

 

クリスマスの持ち寄りやホームパーティーにもうってつけですよね(*´∀`*)

 

 

我が家でも、毎年クリスマスにはお持ち帰りして食べます♪

 

ですが、テイクアウトだと出来上がりを食べるよりは風味が落ちてしまうのが少し残念だと思いませんか?

 

 

今回は、持ち帰りでもケンタッキーオリジナルチキンを美味しく食べる温め直しをまとめました!

 

※ビスケットやポテトも同様の方法で、一緒に美味しく温められますよ♪

 

       

ケンタッキーフライドチキンの温め方。カリっとさせたい!

 

フライドチキンの美味しい温め方は、実は公式サイトに記載されているんです♪

 

 

公式サイトでは、

 

 

☆美味しいオリジナルチキンの温めなおし方☆

①オーブンレンジ:
アルミホイルに包み、180~200℃で5~8分加熱

②電子レンジ:
無包装のまま1個につき、
30~60秒(500Wの場合)
20~40秒(1000W場合)

温かいうちにお召し上がりいただくのが一番ですが、
冷めた場合は、ご自宅で温めなおしてお召し上がりくださいませm(_ _)m♪

 

https://www.facebook.com/KFC.JP/posts/524207197648201

 

 

-

とされています。

 

 

ですが個人的には、

 

オーブントースター+レンジがオススメ。

 

 

 

 

オーブントースターとレンジが良いと思う理由はこの4つ。

 

 

  • 手軽

 

オーブンのように温め不要、洗い物不要はお皿のみ。

 

  • カリカリに仕上がる

 

レンジだと、ふにゃっとした仕上がりになる

 

  • 美味しい

 

中まで温かい&外はサクサク。個人的には一番美味しく仕上がると思う

 

  • 時短

 

オーブントースターのみだと、中まで火が通るのに時間がかかる

 

 

 

なので一番おすすめの方法なのです。

 

 

オーブントースター+レンジでケンタッキーチキンの温め直し方

 

温め直し方はとっても簡単。

 

 

①レンジで30秒~60秒ほどチンして、中に火を通す

 

②オーブントースターにアルミホイルを敷き、表面がパリっとするまで焼きあげる

 

③ひっくり返して、裏面もしっかり焼くとカリカリになります

 

 

これだけ!

 

 

表面の焼き加減は、お使いのオーブントースターや好みにもよるので割愛させていただきます

 

 

目安としては、落ちた油がじゅうじゅうなってたらいい感じ!

 

 

 

ケンタッキーの持ち帰りをトースター以外で温めるには?

 

番美味しく&カリカリに仕上げるには、トースター+レンジがおすすめとお話させていただきましたが、それ以外でもカリカリに仕上げる方法はありますので紹介しますね(*´∀`*)

 

ケンタッキーの温め直し レンジの場合

 

公式では、レンジでの温めも提案されていましたが、レンジのみの温めで美味しく仕上げるのは難しいと個人的には感じます。

 

 

冷凍からあげと一緒で、食感が柔らかい感じに仕上がるし、ベチャッとするし、油もギトギトになるので個人的には美味しく食べられない気がします・・・

 

なので、オーブントースターやオーブンがない場合はフライパンや魚焼きグリルのほうがオススメです。

 

    スポンサードリンク
   

 

ケンタッキーの温め直し 魚焼き器の場合

 

もしあるのであれば、魚焼きグリルの方が表面がカリっと仕上がりやすいのでオススメです(*´∀`*)

 

 

魚焼きグリルだけでも、オーブントースター同様にカリッと仕上がるんですよ。

 

 

我が家では、魚焼きグリルを使って温め直すときもありますが美味しく食べられていますよ♪

 

オーブントースター同様、初めはホイルの口を塞いで、7分~10分ほど中に火を通し、ホイルの口を開けて、表面がカリっとするまで焼き上げます

 

 

ひっくり返して反対も焼けばOK!

 

 

 

レンジがある場合は、オーブントースターで焼くときと同様、レンジで30秒~60秒ほど温めて、表面を焼くとカリっと仕上がります(*´∀`*)

 

 

ケンタッキーの温め直し フライパンの場合

 

①アルミホイルを巻いて弱火~中火でじっくり焼く!

 

②そのあと表面を焼き上げる。

 

 

直接焼くと、中に火が通らないまま焦げてしまうし、熱の伝達も悪くなります。なので、アルミホイルに巻いてまずはじっくりを火を通すのが美味しくするコツ。

 

 

レンジがあるのであれば、オーブントースターや魚焼きグリルを使う場合と同様に、レンジで30秒から60秒ほど温めて中に火を通してから、表面を焼き上げるといいかと思います(*´∀`*)

 

 

オーブントースターでチキンの温め直しをする

 

オーブントースター+レンジの方法を紹介しましたが、時間はかかりますが、トースターだけでも温め直し可能です。

 

 

①アルミホイルに包んで、10分から15分。

 

※中に火が通るようにアルミホイルの口は閉じます。

 

②ホイルの口を開けて、表面がパリっとするまで温めます。

 

③ひっくり返して、裏面も焼く

 

 

待っている間に、他の料理に取り掛かるのもありですね。

 

 

ケンタッキーの美味しい食べ方。温め方以外にもコツあり!

 

ケンタッキーのオリジナルチキンを美味しく食べるコツは、

 

「保存方法」も関係あるんです

 

 

ケンタッキーの温め直しも大事ですが、実はテイクアウト後の保管方法でも大きく、風味が変わってくるんです

 

 

 

チキンを美味しく食べる保管方法は、

 

持ち帰り後、箱から出すor箱の蓋を開けておく!

 

これだけ!

 

 

 

ケンタッキー・フライド・チキンは温かいうちに箱や袋に入れて長時間放置しておくと、中に蒸気や熱がこもりっぱなしになってしまいます。

そして、その熱や蒸気が水滴になって油や旨味も一緒に流れ落ちてしまうのです(´;ω;`)

 

だから、温め直すと美味しさが半減してしまうわけです。

 

 

なので、蒸気や熱を逃すための抜け道を作ってあげることで、水分や旨味を逃さないで食べれるわけです。

 

 

ケンタッキーでは、クリスマス期は、お持ち帰り専用のチキンを販売している店舗があるのですが、そのチキンも、作り方や材料は一緒なのですが揚がったらしっかり冷ましてから梱包しているそうです。

 

 

もし可能であれば、チキンが重ならないようにお皿に並べて冷ますと、なおよし!ですよ♪

 

ケンタッキーチキンの温め方で持ち帰りでも美味しい&カリッとさせる方法まとめ

 

  • 公式のケンタッキーフライドチキンの温め方の紹介
  • 一番おすすめはオーブントースター+レンジの併用
  • 魚焼きグリル、フライパン、トースターそれぞれの温め方を紹介
  • オリジナルチキンの温め直しのコツは保存方法にもある

 

ということをまとめました(*´∀`*)

 

今回紹介した方法は、フライドポテトやビスケットも同時に美味しくできますよ♪

 

参考になれば幸いです

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント