健康

紫外線での日焼けを食べ物で内側から予防や回復させよう!

photo90

日焼け予防や、回復を内側から何とかならないの?

どんな食べ物を接種すればいいの?

悪化させてしまう成分もある?

このような疑問について、南国暮らしの私がまとめてみました(^^♪

1章:日焼けを悪化させてしまう食べ物
2章:日焼けを紫外線から予防してくれる食べ物
3章:日焼けしてしまった肌を回復させてくれる食べ物

  

       

日焼けを悪化させてしまう食べ物

日焼けを悪化させてしまう食べ物は「ソラレン」という物質が沢山含まれる食材です。

ソラレンは光毒性物質で、紫外線を吸収します(>_<)

主に柑橘類にはソラレンが多く含まれます。

レモン、グレープフルーツなどの柑橘系、キュウリやパセリ、イチヂクなどがソラレンが多く含まれると言われています。

ですが、日焼けに有効なビタミンCを同時に含まれる食材が多いのも確かです。

なので、ビタミンC=ソラレンと思っている方も多いようですが、ビタミンCとソラレンは別の物質です。

ソラレンは紫外線を悪化させると言われていますが、食べる分には問題はないです。

やってはいけないのは、肌につけること。

「レモンパック」などです。

ソラレンは、皮膚への付着力が高く、美白への効果はありません。
むしろ逆効果です。

食べる分のは問題がないのですが、食べる時間帯に注意が必要です。

ソラレンを多く含む食材は、日が出ていて活動が多い朝より、夜に接種するのが望ましいです。

ソラレンの比較的少ない食材は、レタス、トマト、かぼちゃ、大根などです。

朝はこれらを中心に摂取するといいでしょう(^^♪

また、加熱したりすればビタミンCだけ残るかな?思いますが、

科学的に安定した化合物なので、消滅は難しいようです( ゚Д゚)
ビタミンCを壊さずソラレンを除くのは専門知識が必要です。

なので、ビタミンを多く含まれる食材も多いので、時間帯を考慮して食べましょう(^^♪

日焼けを紫外線から予防してくれる食べ物

日焼けに有効な成分といえば、やはりビタミンCでしょう。

ビタミンCは、メラニン還元蕭白作用があり、紫外線対策に有効です。

紫外線対策に効果的な食材

・ピーマン

・ブロッコリー

・カリフラワー

・アセロラ

・レモン

・イチゴ

・タラコ

・柿

・サツマイモ

・ジャガイモ

    スポンサードリンク
   

・トマト

・苦瓜(ゴーヤ)

・大根の葉

・キャベツ

・焼きのりなど海藻類

ちなみに、ピーマンは緑より赤のほうが、ビタミンCが豊富にふくまれていますよ(^^♪

ブロッコリーは加熱してしまうと、カリフラワーの方がビタミンが豊富になります(>_<)

あと、季節によっても食材のビタミンCの含有量が変わってくるので、季節に合った食材がビタミンを多く含みます。

ビタミンCを接種する際は、少し注意が必要です。

・1日に数回に分けて摂取する

ビタミンCは身体の中に貯めておける量に限界があり、

一度に沢山接種しても意味がなく、余った分のビタミンCは2~3時間後には体外に排出されてしまいます。

・満腹時に摂取する

空腹時の方がすばやく吸収されるのですが、満腹時のほうが持続時間が長続きして、吸収される量がずっと多くなります。

・できるだけ新鮮なものを食べる

ビタミンCは水に溶けやすく、時間とともに失われます。なので、できるだけ新鮮な状態で接種しましょう。

・できるだけ生で摂取する

ビタミンCは熱に弱いので、加熱することで消滅してしまいます。
できるだけ生での摂取が望ましいです。

ですが、ピーマンやサツマイモ、ジャガイモなどは、組織がしっかりしていてビタミンCが守られているので加熱による消滅は少ないです。

・ビタミンPやカルシウム、マグネシウムと同時に接種する

吸収が良くなり、効率的に摂取できます。

・お酢と一緒に接種する

きゅうりやキャベツなど、アスコルビン酸を含まれる食材を摂取する際、食べ合わせによってビタミンCを壊してしまうのですが、
お酢の作用でアスコルビン酸の働きを抑えてくれます。

ビタミンCは取りすぎた分は尿として体外に排出されるので、過剰摂取の心配はないと言われていますが、ごくまれに過剰摂取で下痢になる方がいらっしゃるので気を付けてくださいw

日焼けしてしまった肌を回復させてくれる成分と食べ物

紫外線を大量に浴びた肌は、赤くなって、4~5日経つと褐色に変わってきます。

肌が赤くなるのは、まさしく炎症!

炎症した肌に大事な4つの成分は、

1新陳代謝を促す「亜鉛」

牛肉の赤身、貝類

2皮膚の粘膜を強化する「ビタミンA」

ウナギ、色の濃い野菜

3代謝を促す「ビタミンB」

豚肉、卵、納豆

4炎症を抑える「オメガ3脂肪酸」

アジ、サバ、イワシなどの青み魚

これにビタミンCを同時に接種することで、吸収されやすくなり、日焼けに効果抜群です(^^♪

まとめ

日焼けを悪化させてしまうソラニンや、日焼けを紫外線から予防してくれるビタミンC、肌を回復させてくれる亜鉛などについてお話しさせて頂きました(^^♪

紫外線を内側からケアして、シミやそばかすや日焼けから肌を守りましょう!

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント