健康

夜型から朝方へ変えたい主婦。朝起きれない私の昼夜逆転から脱出への考察

 

 

子供の頃から夜更かしが好きで、成人してからも昼夜逆転の生活をしてきました。

 

 

 

でも、

 

夫と結婚し子供ができてママになり、なんとなく朝起きれはするんですが、染みついた夜型生活が抜けません(´;ω;`)

 

 

 

旦那さんや子供がいると、夜型でいるより朝方に変えたほうが圧倒的メリットが多いと思うんです。

 

 

なので、自分でどうにか朝方に変えれないかな~と模索中の方法があって、今回はそのお話をブログに書きたいと思いますっっ!

 

 

(`・ω・´)キリッ

 

 

キリッとしましたが結構くだらないお話です。笑

 

 

       

夜型から朝型に変えたい主婦

 

 

なんで、こんなテーマでブログで綴ろうと思ったかというと、

 

 

最近、

 

「夜型の人は朝型に無理矢理変えると良くない」

 

といったニュースを見かけました。

 

 

 

 

 

夜型は体に悪いとか、

 

早死にの確率が高まるとかいった情報の中、

 

 

夜型でも問題ないんだ!とほっとしたわけです

 

 

 

主婦の場合も朝方に変える必要はない?

 

 

無理やり変えるのは不健康だ、というけれども、

 

主婦の場合ってそうもいかないよなぁ。と思いました。

 

 

 

仮に、旦那さんや子供たちを送り出してから寝てて、問題ないと感じても、やっぱ問題あるよね、と思う。

 

 

個人的には、

 

主婦の場合は朝方に買える必要って絶対あるよね。って思います

 

 

 

無理やり変えるより、買えないほうが不健康じゃない?と感じたわけです。

 

 

 

一人暮らしだとか、成人し独身だとかならまだしも、

 

主婦だし、ママだし。

 

 

あ、でも、看護婦さんとかの夜勤がある職業や、漫画家さんとか作家さんとか締切がある仕事とかは話が別ですが^^;

 

 

私が主婦は昼夜逆転は向かないと思う理由

 

 

 

そもそも、夜起きてていいなか、それは願いかなったりですが、

 

 

家族がいれば、子供や夫にも合わせないといけないのでそうもいかない。

 

 

 

 

うちの場合、

 

子供たちも朝方で、旦那さんもお仕事は夜勤ではない。

 

 

 

 

 

例えばの話ですが、

 

 

もし夜型生活にするとしたら、朝の8時ごろまで起きて、夕方まで寝るとします。

 

 

 

 

4時ごろまで寝れます。

 

8時間眠れちゃいますね。ふむふむ

 

 

でも、必ず朝起きないといけない日が出てくる

 

 

 

子供の行事などがあるときは起きとかないといけないし、習い事があれば、もっと早く起きないといけないこともある。

 

 

 

 

家族は集団生活のようなもの

 

 

 

自分だけが、生活時間が違うとなかなかうまくいくこともうまくいかなくなってきます。

(止む終えない場合を抜いて)

 

 

 

またその時々でイベントがある時なども、自分の時間に合わせる事は不可能。

 

 

 

相手に合わせるとすれば、ずっと楽しいイベント事が眠たいストレスの時間になりかねません。

 

 

 

 

やはり主婦は早起きした方がメリットが多いと思います。

 

 

 

 

やはり主婦の夜型生活は現実的でないと思いました。

 

 

 

染み付いた夜型生活が抜けない・・・

 

朝方がいいと分かっていてもなかなか早起きができず困っていました。

 

 

早く起きようと思えば思うほど、眠れないこともしばしば・・・。

 

 

    スポンサードリンク
   

 

 

小さい頃から、夜更かしが大好き。

 

 

 

学生時代も夜遅くまで起きていましたし、卒業してからもずっと夜勤の仕事をしていました。

 

 

 

 

ですが結婚して主婦になり、子供が生まれるとそうもいかずで、なんとか昼型になりつつありますが、毎日の眠気がとれなくて^^;

 

 

 

というのも、休日前になるとウキウキして夜更かししてしまってまた振り出しに戻ってしまう(´;ω;`)

 

 

体内から、なんとか変えられないかと考えた方法を紹介します

 

 

 

朝起きれない主婦が早起きできるようになる方法

 

 

夜型から朝方にしたい場合で、

 

 

  • 現在の就寝起床時間
  • 目指す就寝起床時間

 

 

 

この2つの差が大きい場合で、

 

一番効率的な方法だな、と私が感じた方法を紹介します。

 

 

昼夜の逆転差が大きい場合の解決法

 

 

 

「前にずらそうと考えず後にずらす方法」です

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

 

睡眠時間を

 

 

夜3時~12時

 

 

次の日は7時から15時、

 

 

その次は11時~19時

 

 

 

と、4時間ずつずらす方法です。

 

 

 

 

 

このやり方が効率的だと思う理由は、

 

 

 

人間は、実は25時間サイクルで、そのサイクルは

 

 

後にずらす事は簡単だけど、前にずらす事は難しい

 

 

と言われています。

 

 

 

 

なので、可能であれば後にずらす方が効率がいいのです。

 

 

 

この方法は、休みの日などをうまく使えば、できそう。

 

 

 

 

 

でも・・・主婦にはなかなか難しい気もする^^;

 

 

どうしても、子供だったり旦那さんだったりに起こされてしまったり、一人暮らしではないのでなかなか難しい。

 

 

 

できたら、かなり効率いい方法だと思います

 

 

 

専業主婦の昼夜逆転をてっとり早く解消するには

 

 

上記の方法は家族がいるとなかなか難しい・・・

 

 

 

 

であれば、

海外旅行に行って強制的に体内時計を変えてみる!

 

っていうのはどうだろう?!

 

 

と思いました。

 

 

 

海外に行って、いちど体内時計をシャッフルしてみれば強制的にリセットされるのではなかろうか

 

 

 

 

 

海外について、現地の時間に合わせて朝から活動すれば、夜になったら眠くなる。

 

 

一緒に旅行行った人も時差できるから同じ時間に活動できる

 

 

 

 

日本に帰ってきたとき、体内時計が狂ってるので、また正常な体内時計に立て直す。

 

 

 

めっちゃいいやん(*´∀`*)

 

夜型から朝方へ変えたい主婦。朝起きれない私の昼夜逆転から脱出への考察

 

くだらない私の考察の備忘録でした(●^o^●)

 

 

でも・・・効率良さそうな気がするんだけどなw

 

授乳が終わったらどちらかの方法をなんとか試してみたいと思う。

 

 

 

 

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント